む っ き ぃ ブ ロ グ 。

鉄ヲタ会社員の旅記録。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE


 
長野の話。
ゴールデンウィーク最後の土日に別所温泉に行く予定なのは以前書きました。
で、バウチャー類を取りに行ったんですけども、
もらった契約乗車票を見ると、字がピンクがかってる。
つまり、サーマル印字。旅端が更新されつつあるとは聞いていたものの。。
やっぱり保存することを考えるとサーマル印字の券は避けたいなぁ、、
座席は行きも帰りもなぜか席番が同じでした。車両中ほどのいい席です。

長野では長電松代に行けば夏の収集はしなくて済む、
なんて書いてたわけですが、その為だけに行くのは同行者に悪いので、
いろいろと松代について調べたのです。

ワシは日本史にほとんど興味のない人間ですが、唯一興味があるのは1940年代。
で、松代には"松代大本営"という地下軍事施設が太平洋戦争末期に作られていたらしい。
うむう・・・よりによってこんなワシ好みなものがあるとは(笑)。

もう、是が非でも行きたくなってしまった松代なわけです。
しかし、現実は甘くないわけでして、そこに興味あるのはワシひとり。
おまけに上田交通−しなの鉄道−長電の乗り継ぎも最悪だったりで、
どうがんばっても行けそうにないことがはっきりしました。残念。。
なわけで、収集はしなの鉄道と上田交通でキマリです。
あとはチェックイン後に抜け出して収集に出かける以外は終始マッタリしましょう。

やっぱり自分のやりたいことは自分だけで行ったときにやるべきですなあ、、
特にワシのように極端に趣味が偏っている奴は。。^^;
それでは・・・
気がつけば旅に出るのでした。
でも朝から偏頭痛祭りです。とてつもなく。。。

「えちご」だと上りの終電1本前に乗れば大宮での乗り継ぎもサクサク間に合う。
つうことでゆっくりと準備しておりますです。
とりあえず、、なんとなく筒石詣と坂北収集を予定していますが、、
北長野から長電信濃吉田が目と鼻の距離なのでそこにも寄るかも。。
長野には来月ゆっくりいくからスルーしてもいいんだけどな。

そんなわけで電車の中でビールでも飲みながら考えることにします。
次々と予定が。
まずはやっぱりこれ。。
06年3月廃止だとそろそろ決まらないと遅いよなあ、と思っていたら。。
決まってしまいました。北海道ちほく高原鉄道、06年3月限りです。
来年3月の渡道じゃフィーバーで大変だろうから、北海道は11月に強行予定。
その前に混むだろう夏休みは避けたいしねえ。
ただし、「日本海」から5日間で北海道完乗は勘違いだったので、引き続き調査。。
最悪、完乗はあきらめてもいいです。
そんくらい、ちほく線には乗っておかないと後悔すると思っておるのです。

でもって、
学生時代のバイト仲間で、まさに今日山形に帰ったK倉君。
先週の送別会で、7月に山形のK倉家に合宿に行くことが決まりました(笑)。
翌日は仙台に出て楽天野球を見て帰る予定です。

最後は一番近いはなし。
連休に奥さん・奥さんの母妹といっしょに別所温泉に行くことが決まりました。
しばらく奥さんとも遠出していないし、息子ももう行けるでしょ、
とのことで温泉へ行くことに。ワシにしては珍しくパック旅行です。
大宮発はパンフ価格の800円引な上、早期予約割引で1000円引かれるってことで、
片道あたり1000円増なグリーン車で往復することにした(笑)。
差し引きでパンフ価格200円増でグリーン車なら安いもんでしょう。
実際には帰りの新幹線を長野からにしたのでさらに1000円増なんですけどね。
長野にゆっくりいったことがないので楽しみです。善光寺参りでもしましょう。


まったく偶然ですが、予定外に新幹線の未乗区間を消化できたり、
上田交通とかしなの鉄道で収集ができたりします(笑)。
どうせなら松代経由で長野に出て長電の収集も終わりにしたいのですが^^;、
さすがに松代経由の理由になりそうな川中島古戦場には魅力を感じない(笑)。

そんなこんなで忙しい2005年になりそうな私です。ホクホク。ウハウハ。
北海道
もう先のこと先のことをどんどん計画中。
以前ここにも書いたとおり、来冬シーズンには北海道に行くつもりです。
ちほく高原鉄道がなくなるかどうかというところですからね、、
ただし、2日休んで5連休というタイミングを探るのが大変で、
11月末の連休をあわせるか成人の日の連休をあわせるか春分の日の休みをあわせるか。。

で、早速調べたりするわけ(笑)。
道内では「北海道フリーきっぷ」を使うつもり。
これに東京都区内→大宮の大回り乗車券+青森−中小国往復をあわせれば、
かなり効率のいいきっぷができあがるのだけど。。
ただそうすると行きは日本海まわりである必要が生じる。
となると・・・「トワイライトエクスプレス」なわけだ(笑)。
これで出発すると渡道後5日で完乗を達成した上、余裕で帰ってこれるようなので悪くはない、、
ウム、、正月を延長してガバっと休み取るしか方法はないような気がするな^^;

迷うところではありますが、北海道はそう簡単に行ける場所ではないし、
#理由はただひとつ、飛行機乗れないからですよ(笑)。
ここはでっかく計画はたてておくことにしましょう^^;

いやあねえ、、、
「ぐるり北海道フリーきっぷ」の7日用がなくならなきゃ苦労しないっつの。。
ようやく決めました
今日は先輩がお休みだったのでワシも早めに仕事を切り上げて、
13日で窓口営業が終わる大久保と、出張のきっぷを買うために分倍河原へ。
東京近郊じゃ唯一補片があるのが、乗車券販売を京王に委託していて端末のない分倍河原。
前から欲しかったわけですが、「100km以上」が絶対条件ということで
なかなか機会がなかったのでした。難なく尼崎までで購入できました。

これで無事に出張の準備は整いました。あとは仕事が順調に行くのを願うばかりです。

帰りの趣味活動については、

土:信楽と近江の収集・加古川線の乗り潰しをして舞鶴泊
日:KTRで収集して播但線乗り潰し、名古屋に向かってLinimo乗る

でキマリです。
帰りは「ながら」ってことで、早めに中京エリアに戻って
大垣で樽見鉄道の駅名式特補買ったり名鉄600V区間を乗り潰したりして。
昨日開業したLinimoにも乗ってみたいな、と思います。

よーし。これでようやく準備完了だ〜。
赤券
青春18きっぷは、みどりの窓口のある駅ならばマルスで発券できます。
が、北海道と西日本と四国と九州では、みどりの窓口のない駅でも売っています。
そこで出てくるのが、常備券の18きっぷ。地紋が赤だから赤券とか呼ばれます。
一部では有名な存在で、駅によっては郵送での販売も扱ってくれます。

つうことで今回は九州。
新幹線の開業で昨年春で廃止になったと言われた九州の赤券ですけども、
冬に唯一、木葉(熊本県)だけで取り扱っていることが判明。
今シーズンも扱いがあるってことで早速注文して、本日無事に届きました。

これで赤券発売各社の券がようやく揃いました。
次からはマッタリと伊予長浜あたりから買おうと思います。
今シーズン以後はしばらく使わなさそうではありますが、、
鉄ネタ少々
今週もいい具合に時間がないです。手短にネタを書くだけ書いて寝ます。
コメントとかもありがとうございます。
レスポンスは時間のある時までお待ちを。。。

さて、、
JRの指定券券売機、MV端末がどんどん増えています。
大井町とか東中野とか、「あら、ここにもMV端末か」なんて思ったり。
していたら、灯台下暗し。地元の蓮田にMV端末入ってました。
#今日から稼動だったようです

鶯谷のみどりの窓口がMV端末の導入と引き換えに閉鎖されてからもうすぐ1年、
またMV端末の導入によってみどりの窓口が廃止です。
今度は東十条と上中里の2駅、3月4日で窓口終了だそうで。
とりあえずそれまでにMR発券の入場券は買いに行くかな。。

このMV端末、ちょっと使い勝手悪いのが気になります。
在来快速の指定も「在来線特急」から選ばないとならなかったり。
列車名で検索してそこから発着駅を選ばせたりするやり方のが
いいような気がするのはワシだけかなあ。
他にも号車内空席から好きな席を選べたりできたらいいのにねぇ。
ソフトウェア的にこれを実現するのはそう難しくないと思うんだけど。。
#ワシはできませんが(笑)。

最後は珍しく画像を。
3月1日改正で引退する181系特急「いそかぜ」です。
山陰線の美しい海岸沿いを走る国鉄の特急列車。これがなくなるのは本当に残念ですね。

ねるねるねるね
出張明けの月曜になんとか代休をぶちこめそうになりまして。
どうしようかなあ、と考え中。
まあ、資金繰り次第ではあるのだけども^^;、
最長で13日の上り「ながら」で帰宅するようになるかしら。

うーむ。最初の予定を生かすなら、日曜に北近畿タンゴ鉄道から小浜線をまわって
敦賀から南下して岐阜に向かうのがいいかなあ。
KTRは収集物の宝庫だし、小浜線も電化してから乗っていないし。

まったく予定を変えるならば思い切って四国に行こうかとも思ったり。
などと、改正後の時刻表とにらめっこしながら考えています。

実は「ながら」が精神的にネックなところもあるので(笑)、
豊橋あたりで泊まって、翌日にゆっくり私鉄めぐりしながら
東海道線を帰ってくるっていうのも惹かれるところではあります。

ま、、資金と効率のいい乗り継ぎと、、いろいろと悩んでみようと思います。
リニュウアル
毎度おなじみ、列車の時間を調べるに最適なページ、えきから時刻表がリニューアル。
なにがすごいって、JR+社線ちょっとだけだったサポート路線が、
JR+全社線対応に。今後は私鉄のサイトで時間調べる必要もなく、
「えきから時刻表」だけでプランニングができるようになりました。
いやあ、これは便利すぎです。

つうことで来月の話。
とりあえず、近江を中心に攻めることにしようと思います。
が、信楽に行くにもそんなに無駄なく行けそうな感じなので、
膳所−草津−貴生川−信楽−貴生川−近江鉄道と行きましょう。
石山からバスで信楽に抜けることもできるんですけども、
信楽にはそれなりに収集物があるから、列車に絶妙に接続してしまうバスは
ちょっとパスな方向です。石山から信楽抜けるバスは1050円かかるしねぇ。

で、昼過ぎに近江を脱出して大垣、岐阜に寄り道してみます。
帰りの「ながら」まで時間がありすぎるのが唯一の悩みか。。
うーむ。中京地区はまだまだ候補はいろいろあるんだけどなあ。
金があればどっかに泊まって次の日ゆっくり帰るところなんだけど。。

まだまだ悩めるわけでした。相変わらずね。。
やっぱり使えねぇ!!
なんか忙しいです。なのでコレだけ書いときます。

年末にボクの心をたっくさん刺激してくれた(ラ)中野坂上、
またしてもボクの心を大いに刺激してくれましたっっ!!
#いや、客観的に見て厄介なのは間違いなくワシである。
#それは十二分に承知(笑)。

そもそもは3月12日の上り「ムーンライトながら」を売り出しで取ってもらったのでした。
座席がイマイチだったから、熱海枠に空きがあれば席を替えてもらおうと思ったです。

で、昼休みにお店へ。応対は若いねーちゃん。
まずは「銀河」の寝台券。車内中ほど、進行方向側の下段を余裕で取れた。
次に本題、「ながら」の席替え。
この若いねーちゃんはなかなかいい仕事してくれて、
わざわざディスプレイをこっちに向けて、号車内の空席表を見せてくれて
席を選ばせてくれた。おかげで喫煙席になってしまったものの、
進行右側、場所のいい窓側席を確保できたのでした。

さあーーー話はこっからだ!
出てきた「ながら」の指定券には[乗変]がくっきりと印字されている。
同列車同区間同席種の変更(=座席番号だけ変える)は乗変にならんのじゃないっけ?
というのがうっすら知識としてあったのでおねーちゃんに聞いてみた。
そしたらおねーちゃんは「ええっと、、そうでした」といって・・・
まではいいんだが、ここで"店長"と呼ばれるオバハンに
「これって変更にならないんでしたっけ?」とか確認しちゃった。
そしたら"店長"曰く、「いや、なんだろうが変更は変更」と。
めでたく乗変の印字つきの指定券を渡されたのでした。

ウム。自分の知識がうっすらと憶えている程度なのが悪かった(笑)。
変更する可能性は0ではないし、乗変にならないのならそのほうがいい。
つうことで職場に戻って全力で営規関連をググりまくる。
めでたく見つけました。やっぱりワシの認識どおりでした。

さっそく電話して、帰り際に乗変なしの指定券を改めてもらってきたわけですが、
この時応対した"店長"と呼ばれるオバハンの態度がまた、
年末のオッサンと同じくらい、すばらしくお客の心を刺激してくれる(笑)。
ワシは「客は神」という認識はないし、それなり面倒なことをやってもらう時には
せめても、とまずはそういう類だと伝えてからやってもらう。
確かに面倒な割に儲からない客だけどさ。。
しかもこの"店長"、電話で聞いた名前だとこの店の一般主任者らしい。
JTBホームページの店舗検索でも一般主任者として名前出るくらいなんだから、
しっかりしてほしいよなあ。あんたプロなんだよ、オバハン!

なんでかなあ、この店の若いおねーちゃんは、
ハズレなくどの人もまともな応対なんだけどなあ。。

以上、またしてもクレームなのでした(笑)。

ちなみに。
ここでワシがいいたいのは「乗変」が印字されていることがイヤなのではなく、
正しい取扱をされなかったことですから念のため(笑)。
<< 2/8PAGES >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"