む っ き ぃ ブ ロ グ 。

鉄ヲタ会社員の旅記録。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE


 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
JR全線完乗達成and富山地鉄駅巡りツアー 2009秋。
お久しぶりです。
毎度おなじみ半期に一度のひとり旅でございます。
#前回から4カ月しか経っていないというツッコミはなしで(笑)。
今回はJR完乗という節目の旅となりました。・・・では長文スタート!

■行程:2009/10/19
大宮726(Mとき303)811越後湯沢820(はく2)1015富山1030−1035東新庄1048−1050越中荏原
荏原1101−1124中加積1138−1207電鉄石田1213−1216経田1230−1236電鉄黒部…東三日市
東三日市1253−1315宇奈月1318−1401西魚津1412−1414電鉄魚津1433−1445浜加積
浜加積1454−1456早月加積1505−1539越中三郷1545−1550寺田1559−1616富山…富山駅北
富山駅北1700(ポートラム)1724岩瀬浜1731(ポートラム)1755富山駅北

→朝一番の乗継で富山入りしました。新幹線はノンストップ、はくたかも速達便で、
大宮から3個目の停車駅が富山でした(笑)。
富山に着いてからは荷物を置いて地鉄の駅巡りをスタートしました。
当初の予定では浦山にも訪問する予定でしたが、なんとなくカットしまして(笑)。
しかしその後の行程がきれいになったので結果としてはよかったかと思います。
最後はポートラムに乗車。その後市内電車に乗る予定でしたが、
これは疲れてしまって乗らずじまい。どうも18時が体力リミットのようで^^;

■行程:2009/10/20
富山628−654五百石…榎町720−725釜ヶ淵744−747下段754−828立山841−851本宮…有峰口
有峰口921−933岩峅寺944−1014富山1053(北越2)1105高岡1130(氷見線)1157氷見
氷見1205(氷見線)1234高岡1300(城端線)1351城端1403(城端線)1453高岡
高岡1506(はく10※)1533金沢1608(浅野川線)1625内灘1630(浅野川線)1648金沢
※はくたか10号は高岡発15分遅れ、上記は実際の遅れた時刻

→予定通りに出発しました。天気が悪かったので雨プランにしましたが、
なんとなく歩けそうだったので五百石から榎町まで徒歩連絡。10分かからず行けました。
ここで天気がかなり不安定なので、基本的に早めに進む方向に変更しました。
また、下り列車の感覚から"行ける"と踏んだので本宮−有峰口−千垣を30分で歩くことに。
・・・と思ったら有峰口に着くところでものすごい雨。結局千垣には行けず、
私も濡れてやる気がなくなり(笑)、上堀と開発に寄るのをやめて富山に戻りました。
その後高岡に移動して氷見往復と城端往復、次は万葉線・・・と思ったものの、
単純往復に飽きていたし、1分差で接続しない特急が遅れていて接続できたので、
そのまま金沢に行ってしまったのでした。早く着いた分は翌朝予定の浅野川線に乗車。
さらに金沢に戻った後にバスで湯涌谷の国盗りに出かけました。

■行程:2009/10/21
金沢912(雷鳥16)1013鯖江1025(北陸線)1030武生1100(福鉄)1140市役所前
市役所前1146(福鉄)1150田原町1155(福鉄)1201福井1249(越美北線)1415九頭竜湖
九頭竜湖1433(越美北線)1503越前大野(バス)1534勝山1549(えちぜん鉄道)1643福井
福井1704(しらさぎ57)1754金沢

→浅野川線に前日に乗ってしまったので出発はゆっくり。
空いているのもわかっていたのでゆっくり雷鳥に乗って出発しました。
まずは福井鉄道、意外と立ち寄りたい駅舎がありましたね。
でも車両が名鉄の路面電車になってしまったのはちょっと残念かなあ。
さて、福井に戻ってきてからはいよいよJR乗り潰し最後の路線、越美北線です。
2両で程よく空いている列車はゆっくりと山に入っていきます。
紅葉が始まって美しい山をながめながら、ついにJR全線完乗となりました。
帰りは大野からバスで勝山に出て福井に戻りました。
大野市観光利用券を使うと、大野から勝山のバスは現金80円で乗れますよ(笑)。
ラストは特急しらさぎ、完乗達成のささやかな祝いでグリーン車にしました。

■行程:2009/10/22
金沢819(北陸線)823西金沢827(石川線)857加賀一の宮906(石川線)911鶴来
鶴来945(石川線)1014野町1019(石川線)1023西金沢1038(北陸線)1042金沢
金沢1207(はく13)1451越後湯沢1459(とき328)1554大宮

→10時過ぎの石川線に乗る予定が、2時間も早く起きてしまったので予定を前倒し。
帰る列車も1時間早くしました。ということで最後は北陸鉄道石川線。
09年10月末で末端区間が廃止になるということでついでに訪問したのですが、
さすがに平日でもマニヤがちらほら<無論自分も、なんですけどね(笑)。
ちなみに当初乗車予定だった列車には野町から西金沢まで乗ったのですが、
マニヤがさらに多く、これは時間を早くして大正解でした(笑)。
金沢に戻ってからはお土産を買ったり喫茶店でコーヒーを飲んだり。
お土産の笹寿しは息子が、あんころは娘がガッツシ食べてくれました。

■JR乗り潰し
城端線(高岡−城端、完乗)
越美北線(越前花堂−九頭竜湖、完乗)

■JR完乗達成
西日本旅客鉄道
・・・そしてこれでJR全線完乗を達成しました。

→今回の目的はこれです。越美北線九頭竜湖駅でJR全線完乗を達成!
96年3月21日から起算して13年7カ月での達成でした。
まあこれで趣味が終ることもなく、次は民鉄を潰しますよー。

■民鉄乗り潰し
富山地方鉄道本線(電鉄富山−宇奈月温泉、完乗)
富山地方鉄道立山線(寺田−岩峅寺−立山、完乗)
富山地方鉄道不二越・上滝線(電鉄富山−南富山−岩峅寺、完乗)
富山ライトレール富山港線(富山駅北−岩瀬浜、完乗)
北陸鉄道浅野川線(割出−内灘間初乗車で完乗)
北陸鉄道石川線(新西金沢−加賀一の宮間初乗車で完乗)
福井鉄道福武線(武生新−市役所前−田原町/市役所前−福井駅前、完乗)
えちぜん鉄道勝山永平寺線(勝山−福井口間初乗車で完乗)

→ガッツシ攻めたと思います。
が、地鉄市内電車と万葉線を乗り残しました。
市内電車は今年度に環状化されるということなので、
いずれまた来ないとならないわけですから、まあその時に潰しましょう。

■収集
<JR西日本>
POS入場券(城端、九頭竜湖)

<富山地方鉄道>
硬券入場券(富山、立山)、軟券入場券(電鉄魚津、岩峅寺)、
券売機乗車券(富山)、常備軟券乗車券(東新庄、電鉄魚津、寺田、岩峅寺)、
常備軟券特急券(富山)、金額式車内券(特急車内)、地図式車内券(特急車内)、
特殊補充券(富山)、地鉄Uきっぷ(電鉄魚津)、市内電車往復割引乗車券(東新庄)

<福井鉄道>
硬券入場券(武生新)、補片(武生新)

<えちぜん鉄道>
端末入場券(勝山)、端末乗車券(勝山)、特別補充券(駅名式:勝山)

<北陸鉄道>
硬券入場券(鶴来)、車内補充券(石川線車内)

→地鉄で確実に予算オーバーしました(笑)。
特急は運転的にはワンマンですが、検札係が乗っているので車内券はそこで買えます。
あとはなんとも中途半端。福鉄は往復の補充券を買えていないし、
えちぜん鉄道にも出補フォーマットの補充券があるとかないとか。
北陸鉄道も版が変わった補片を買わずじまいでした。車補が買えたからまあいいか。。

■駅弁
ほくほく弁当(越後湯沢:川岳軒、850円)
→山菜の炊き込みご飯を中心にした幕の内風弁当です。
"魚沼産コシヒカリ"を売りにしているだけあってお米がうまい!
そして朝一番の乗継だったせいかご飯がまだうっすら温かかったのがよかったです。

富山湾弁当(富山:源、800円)
→ますのすし以外の富山駅弁を食べるのは今回の目的のひとつです。
ぶりの照り焼き、白えびのかき揚、そぼろとカニがそれぞれご飯の上に載せ、
さらにますのすし、ぶりのすしもひとくちサイズで入ります。
つまりはご飯だらけということではありますが(笑)。
お手軽に富山らしいものが食べられるのはいいですね。価格も高すぎず。

三色そぼろ弁当(富山:源、650円)
→酢飯の上に鮭ほぐし、そぼろ、錦糸玉子といくらを載せたちらし弁当。
おかずには天ぷらや唐揚げなどが入り、なかなかのボリュームです。
それでいてお手軽な価格と言うのがうれしいですね。

富山味づくし(富山:源、1000円)
→2段重ね、おしながきまで入る豪華なお弁当がこちら。
ぶりの味噌焼、ますひれの旨煮、梅貝串、ほたるいか甘露煮、白海老浜焼きなど、
とにかく富山らしいものがたくさん!ごはんも赤しそ、青しそのごはんに加えて、
ちゃんと定番のますのすしが入るあたり、しっかりしております。

松茸弁当(富山:源、1100円)
→秋限定のお弁当で、その名の通り松茸ごはんがメインのお弁当です。
おかずには煮物を中心に比較的あっさりとしたものが入ります。
松茸ごはんを口に入れた時に広がる香りがなんともたまらない!

ますとぶり小箱(富山:源、750円)
→ますのすし、ぶりのすしの1人前サイズが"小箱"なんですが、
最近バリエーションが増えまして、ますとぶりが半々に入ったものが発売されました。
一度に二度おいしいとはまさにこのこと、男性には小腹の足しにちょうどいい量ですね。

特選牛肉弁当(金沢:大友楼、1100円)
→以前はステーキがご飯の上にのっていたお弁当だったと思ったんですが、
ローストビーフ風の牛肉に変わったようです。肉は硬くなく臭みも強くなく、
タレをかけるとまたご飯とあってちょうどいい味になりました。
ただしタレは結構味が濃いのでかけすぎには注意(笑)。

鯛鮨(敦賀:塩荘、1000円)
→敦賀駅に昔からある鯛の押寿司。パッケージがリニューアルされていました。
見厚で上品な味の押寿司は安心できますね。醤油がいらないくらいの味ですよ。
1350円の高級品もありますが、個人的にはこれで十分です。

お贄寿し(金沢:大友楼、600円)
→鮭と鯛の押寿司です。醤油がついていないのですが、
生姜がたくさん載せてあったり、鯛とシャリの間に昆布があったりと、
醤油がいらない工夫がされています。調製翌日の方が酢がなじんでおいしくなるんだとか。

越前かにめし(福井:番匠本店、1100円)
→超有名なかにめし駅弁ですが、食べたことがなかったので昼食に購入。
かにのだしで炊いたご飯にかにの身がどっさりと載るもので、
フタを開けた時のカニの香りがたまりません。
が、どうもハズレをつかんだらしく、ご飯が水が多いのかダンゴ状になっていました。。

福井が一番ソースカツ丼(福井:番匠本店、1000円)
→加熱容器の駅弁で、ソースに通したロースカツ2枚がご飯の上にのるシンプルなもの。
加熱容器は容器の無機質さや上げ底のおかげであまり積極的には買わないのですが、
これは正解です。意外にもソースのついていない部分の食感は「サックリ」で、
市中で食べてみたいと思いました。駅弁としてはそう思わせれば"勝ち"ですよね。

二味笹寿し(金沢:大友楼、650円)
→見た目は普通の鮭の笹寿しなのですが、実はシャリが2段になっており、
間に昆布や鮭がまたはさんであるという豪華な構成の笹寿しです。
鮭の濃厚な味が口を刺激してくれます。3個入り650円というのが朝食には最適でした。

加賀きたまえ鮨(加賀温泉:高野商店、1000円)
→最後の駅弁は加賀温泉駅弁、高野商店お得意の押寿司です。
かに、えび、鯛、鯖、さよりなどたくさんのネタがびっしりと載っています。
ナイフで切り分けながら食べるのが非常に楽しい、そんな豪華な押寿司でした。


・・・という旅でした。
なにより今回はJR完乗を達成したのが最大の収穫であったと言えるでしょう。
これもひとえに奥様の理解があってのことだと思っています。
最初に完乗したJR東海さえも結婚後なので、なにより理解なくして完乗はできませんでした。
感謝いたします。そしてこれからも旅には出ますのでよろしくお願いします(笑)。
スポンサーサイト
- | 13:21 | - | -
コメント
from: たいら   2009/11/14 10:31 PM
弁当食べすぎじゃね?
from: むっきぃ   2010/01/05 7:45 PM
>>たいらくん
スマン、コメント非公開のままだった^^;
ちなみに弁当も目的なので食べすぎなのは仕方ないの(笑)。
食事回数より数が多いことは気にするな!
コメントする









 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"