む っ き ぃ ブ ロ グ 。

鉄ヲタ会社員の旅記録。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE


 
広島記録 趣味活動編。
楽しくて楽しくてたまらなかった先週末の記録、まずは趣味活動から。
土日の記録は画像も交えて後日掲載しようと思っていますが、
これはあまりにも楽しかったので単体のhtmlを作成するかもしれません。

■行程:3/23
東京920(のぞみ)1153新大阪1215(こだま)1311相生1325(赤穂線)1336播州赤穂
播州赤穂1338(赤穂線)1449岡山1458(宇野線)1521茶屋町1532(宇野線)1555宇野
宇野1625(四国フェリー)1725高松1743(快速)1835岡山1905(こだま)2102徳山

→新大阪まで新幹線に乗ったのは6年近くぶりでした。
700系だったんですが、混んでいたこともあって妙に狭苦しかったですねぇ。
シートピッチは1040mmのはずだから前後に余裕はあったんですが・・・
新大阪からは念願の0系こだま。4列シートのゆったり車内で昼食、格別でした。
相生で新幹線を降りてからは岡山エリアの乗り潰し。
213系がかなりローカル線に進出していて、赤穂線も宇野線も快適でした。
さて、宇野に着いてからはすぐに折り返す予定だったんですが、
目の前にいるフェリーに一気に心を奪われてしまいまして(笑)、予定を変えて四国へ!
四国に渡っても予定通りに徳山に行けること、そして390円という格安な運賃。
さらに座りっぱなしでちょっと腰にきていたので気分転換には最高でした。
高松からはすぐにマリンライナーで岡山に戻りましたが、夕暮れの瀬戸大橋は絶景。
ここのところ急に予定を変えることが多く、しかもほとんど失敗だったんですが(笑)、
今回は大正解です。気持ちいい潮風と絶景の夕暮れ、最高でした。
・・・その合間に仕事の電話にかなり苦しめられたりはしましたが^^;
岡山からは再び新幹線、100系こだまで焼酎の水割りを飲みながら徳山へ行きました。


■行程:3/24
徳山713(岩徳線)829岩国846(山陽線)908宮島口925(宮島航路)935宮島
宮島1010(宮島航路)1020宮島口1032(山陽線)1059広島1221(芸備線急行みよし)1340三次
三次1344(芸備線)1347八次1403(福塩線)1541府中1603(福塩線)1624万能倉
万能倉・・・駅家1652(福塩線)1704神辺1720(井原鉄道)1735井原1800(井原鉄道)1830福山

→前夜にメールをチェックしたら、新郎さんから"金曜20時頃から食事でも"なんて
届いていたもんだから、大急ぎで予定を組みなおし。
当初の予定から可部線と呉線をカットして井原鉄道を代わりに入れることにしました。
岩徳線で岩国に出て、乗り継いだ山陽線は103系。ぷしゅっ、というドア音も久々でした。
宮島航路も天気がよくてとても気持ちよかったです。宮島では珍しく観光も。
戻って宮島口で名駅弁"あなごめし"を買って、普通列車で広島へ。
広島からはJRでは風前の灯となっている急行列車に乗りました。
急行"みよし"はキハ58の2両編成、座席はオールクロスシート。
三次寄りの車両は喫煙車で、JNR印入りの灰皿をひさびさに見ることができました。
収集は予定を変えたことで八次(探し物を頼まれて猛ダッシュ乗り換えでしたが(笑))、
加えて福塩線は予定していた万能倉と駅家のほかに停車時間を利用して河佐でも。
最後は少し時間が余ったので井原鉄道に寄り、ここでも予定外に収集ができました。
夜は20時過ぎから新郎さんとふたりで、21時過ぎからは福山に着いた友人も合流して前夜祭。
瀬戸内の海の幸と地酒を堪能するという、とても楽しい夜を過ごしたのでした。


■行程:3/26
新尾道1233(こだま)1314岡山1333(ひかり)1743東京

→楽しい結婚式も終わった帰り道。
当初の予定は新尾道1319のこだま〜福山からひかりレールスター〜新大阪からのぞみ、
という乗り継ぎだったんですが、友人2名もがいっしょに帰ることとなったため、
指定席を放棄して3人で自由席利用としました。
タクシーで新尾道まで行ったことで1本早い100系こだまに乗車。
これがアタリで、元グリーン車の座席にヒットしました。ゆったりまったりで岡山へ。
岡山からはすぐの乗り継ぎで東京行きの始発ひかりに乗車。
ビールを買って最後の乾杯をしつつ、下らない会話で楽しく過ごせました。
名古屋まで各停のこの列車、米原−名古屋と豊橋−新横浜は激しく混んでいました。
行きはえらく時間がかかると思いましたが、帰りは逆にあっという間に東京まで
帰ってきてしまったような感覚でした。やはり話し相手がいるというのは楽しいです。
たまにはこういうのもいいなあ、なんて思ったのでした。


■JR乗り潰し
赤穂線(相生−東岡山、完乗)
宇野線(茶屋町−宇野、完乗)
本四備讃線(児島−宇多津東側、完乗)
岩徳線(櫛ヶ浜−岩国、完乗)
宮島航路(宮島口−宮島、完乗)
福塩線(塩町−福山、完乗)
山陽新幹線(新大阪−広島、残りは新山口−博多)

→当初の予定ではこの他に吉備線・可部線・呉線が完乗予定でしたが、
これは残り2shotであらかた片付けるつもりの完乗計画の中に入れるので無問題。
それでもこんだけ乗り潰しを進めることができました。
岩徳線と福塩線が片付いたのはかなりでかいです。


■駅弁
八角弁当(大阪:水了軒)
→およそ9年ぶりに食べました。幕の内系のお弁当もひさびさ。
肉も魚も野菜も、バランスよく絶妙な薄味で食べさせてくれます。
これはほんとおすすめの幕の内系弁当です。

桃太郎の祭すし(岡山)
→時間が遅いこともあって、めぼしいものはこれしかありませんでした。
基本的にちらし寿しは苦手なんですが、これは"ばら寿し"に近いのでOKです。
酢飯もほどよい酢加減ですし、ネタも瀬戸内の魚介を中心に盛りだくさん。
焼酎の水割りを飲みながら食べたんですが、とてもよく合いました。
しゃこだけは酢がひたすら強かったですけども。。

あなごめし(宮島口)
→念願の宮島口駅弁をついにゲット。
巷の評判通り、炭火で焼いたあなごが絶妙です。1470円は決して高くない!
買って2時間ほど置いてから食べたので冷めていたんですが、
これはこれで味わい深いものがありました。次はお店でできたてを食べたいです。

広島おまかせ寿司(広島)
→事前リサーチで"広島ならこれだな"と目をつけていたもの。
限定200でも昼前なら買えるだろう、なんて思ったら大間違いで、
新幹線改札内のお弁当屋さんのうち、博多方面寄りにある売店でかろうじて購入。
広島近辺の名産をネタにしたにぎり寿しです。
火の通ったネタが多いんですが、もう少し味濃く火を通してもらいたかったかな。

まんま借り借りままかり鮨(岡山)
→帰りに最後の駅弁として購入。
8カン1000円から5カン700円にリニューアルしてからは初めて買いました。
値段としては減った分安くなっているのであまり割高感はありません。
以前はままかりにぎりの上に錦糸玉子とショウガを散らしてありましたが、
リニューアル後は酢漬け大根が上にのるようになりました。
これがさっぱりしていて食が進みます。しかもビールがうまいんです。


■収集物
<JR西日本>
軟券:
マルス入場券(宇野、広島、福山、尾道)、POS入場券(宮島、駅家、万能倉)、
常備矢印片道(宮島口、宮島、河佐)常備金額片道(八次、河佐、万能倉、駅家)、
常備往復(宮島口、宮島、万能倉)、常備物品持込(宮島口)
タッチパネル券売機乗車券(宮島)、簡易券売機乗車券(宮島口航路乗船口、神辺)

<JR四国>
軟券:マルス入場券、マルス指定券、券売機券(すべて高松)

<井原鉄道>
軟券:補片、補往、出補、券売機乗車券、券売機入場券(すべて井原)

→今回はほとんどがJRです。常備券はようやく赤地紋の金額式を入手でしました。
しかも広島支社と岡山支社で微妙に印刷が異なります。
八次の140円は比婆山の訂正券。これはこれで面白いので購入しました。
そういえば往復の常備券も今回はじめての購入になりましたね。
これでJR西日本の手売り券はほとんどの様式が揃ったかな。。
四国は上陸の証拠に軽く買っただけです。ま、行く予定もありますしね。
井原鉄道は予定変更によって訪問したところ。
補充券の設備があるのは遠い記憶にあったので確認したら出ました。おほほ。
スポンサーサイト
- | 23:35 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"