む っ き ぃ ブ ロ グ 。

鉄ヲタ会社員の旅記録。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE


 
また野球の話
交流戦のおかげで私の頭はすっかり野球モードです。
すいません、それでもしばらく野球です。

■そしてまた野球界は破滅へ
今日は起こってはならぬことが起こってしまいましたね。
そう、ナヴェツネ球界復帰です。改革をするってね、、、
あんたが野球界から、いや人間界から消えるのが一番の改革だ。
このゴミがいる限り野球界に未来などまったくない!
言い方は不謹慎かもしれぬが生きている限りコイツは野球にチョッカイだし続けるだろうし。
これ以上野球を衰退させるのはカンベンしてくれほんとに。

■西武にはあきれる
うーん。松坂は今日はさすがに悪かったなあ。
そのチームが強い弱いよりも、まわりの環境があまりにもひどい。
まずは球団の売却問題、これで選手のモチベーションは下がるよな。
で、質の悪い応援団、別にあの応援は嫌いではないのだけど、
東京ドームから応援団員名簿の提出を求められて拒否、
おかげで金曜からの讀賣戦は鳴り物なしらしい。おいおい、、、
一般の一部でやってる和田の応援歌の振り付けとかもセンスなさすぎ。
おかわりとか若いのがせっかく育ってきてるのになあ。。
これで球団が売られたり所沢を出てしまったら、
もう私はこのチームのファンを辞めてしまうのではないかなあ。。
#変な割合で応援したくないしな^^;

■で、ロッテだ!
今日は小林宏(春日部共栄出身の郷土戦士でもある)が好投、
薮田が中を継いで、最後は相変わらずのコバマサ"劇場"で勝利。
これで讀賣には勝ち越し決定ですよ。強いなあ。
ちなみに明日は代休になりましたので讀賣戦行ってきます。
奥さんにスペシャルサンクスだ。ほんとに。

しかし今日の試合に限らず、テレ朝の野球中継は醜い。
日テレの中継が讀賣に偏っているのはある意味当然の話なんだけども、
なんだろうなあ、報ステの野球コーナーの偏りといいこの中継の偏りといい、
なんでテレ朝がここまで讀賣に偏っているのか理解できん。
だれか事情を知っている人がいましたら、教えてください(笑)。

私とロッテの出会いはもう小学生の頃。
屋根のない西武球場で、外野の狭いエリアで20人くらいかなあ。
ダラダラ〜とやる気があるのかないのかわからんくらいの応援、
あれが私の知っているロッテだった^^;
#でも愛甲ジャンプとかディアズとか好きだったんだけどな。
それから変わったロッテを知ったのはつい最近の00年3月、川崎球場最後の試合でした。
マリンは02年の最終戦、それも西武戦のレフト側がはじめて。
思えばその時に"あの応援はいい"とか思ったりして、一昨年の夏にライトデビュウ。
・・・以上全部同行者Tちゃん。すべてロッテファンのTちゃんのおかげなのです。
彼は私の趣味に合うところがとても多く、本当にお世話になっている。
感謝してもしきれないくらいなのは言うまでもないことです。

その応援に加えて、今年のロッテは強い。その強さも金をかけたものでは決してない。
走って守れる野球、つまり最強時代の西武のような野球がしっかりできているのです。
もう、それですっかりメロメロになってしまいました。
ホームランをポンポン打てばいい競技ではないからね。
ああいうしっかりした野球は本当に惹かれます。
そしてあの頃の西武よりすごいところは、レギュラーがいっぱいいる、ということ。
オーダーが日替わりであるにも関わらずそういう野球ができて、勝ててしまう。
本当の野球の面白さが一番見られるのがロッテなんじゃないかなあ。

ちょっと前の自分じゃ信じられなかったことかもしれない。
いよいよ明日、ロッテユニフォーム購入予定。
スポンサーサイト
- | 23:39 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"