む っ き ぃ ブ ロ グ 。

鉄ヲタ会社員の旅記録。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE


 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
突然の甲信越温泉療養 2019春
相変わらず仕事でとってもストレスが溜まってしまう日々なので、
思い立って温泉療養をすることにしました。
2泊とも温泉というのは、私のひとり旅では珍しいことかもしれません。

■行程:2019/04/12
東京1936(Maxとき343)2057越後湯沢

→仕事を終えて、そのまま東京駅から新幹線です。
E4系もいつまで走るかわからない(少し延びましたが)ですからね。
越後湯沢は駅から徒歩圏内の温泉ホテルに素泊まり。疲れを癒しました。

■行程:2019/04/13
越後湯沢713(上越線)733六日町737(ほく)750しんざ759(ほく)801美佐島822
美佐島(ほく)828魚沼丘陵841(ほく)915うらがわら952(ほく)954虫川大杉
虫川大杉1000(超快速)1014直江津1050(ETR)1111筒石1144(ETR)1205直江津
直江津1236(ETR)1333妙高高原1400(北しなの)1450長野1533(長電特急)1620湯田中

→少し早起きをして、ほくほく線の駅巡りからスタートです。
特に美佐島はトンネル駅として有名なので行けてよかったですし、
うらがわらでは駅横の農協で「くびきの押し寿司」を買うこともできました。
直江津に出てからは日本海ひすいラインに乗って、無人化されてしまった筒石を訪問。
昔行ったときに突然「Excel教えて」とか駅員さんに言われたことを思い出します(笑)。
30分ほどの滞在で再び直江津に戻り、今度は妙高はねうまラインで長野を目指します。
列車が空いていたのはよかったですね。最後は長電特急で湯田中へ。
元成田エクスプレスの特急は快適でしたが、思ったより混んでいました。
宿は湯田中駅からバスと徒歩でアプローチする角間温泉です。
明治建築のレトロな旅館で過ごす夜は格別でありました。温泉も入り放題。

■行程:2019/04/14
湯田中917(長電)938信州中野949(長電)1035長野1126(あさま614)1247大宮

湯田中駅まで車で送ってもらって、帰りはまっすぐ大宮に戻るだけです。
前日の混みようから特急は避けたかったので1本早い各駅停車に乗りました。
元日比谷線の、いわゆるマッコウクジラの乗車はおそらくこれが最後でしょう。
ラストは新幹線。湯田中〜長野と長野〜大宮の所要時間がほぼ同じでした(笑)。


角間温泉が思いのほかよかったというのが一番の感想ですかねえ。
ほくほく線は松之山温泉に一時期毎年行っていたのでよく乗ってはいたのですが、
駅巡りをしたのはこれが初めてでしたし、急ごしらえにしてはいい結果となりました。
スポンサーサイト
- | 23:31 | - | -
コメント
コメントする









 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"