む っ き ぃ ブ ロ グ 。

鉄ヲタ会社員の旅記録。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE


 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
第11回目黒企画 〜満を持しての紀伊半島 2019新春
年に一度、同僚の行きたいところに出かける恒例の乗り鉄企画。
2018年度も日程を確保して開催することができました。
行先は毎回候補に上がっていながらずっと先送りになっていた紀伊半島です。
距離を稼ぐことが多いこの企画ですが、この時は珍しく?コンパクトに収めています。

■行程:2019/01/11
東京1126(こだま651)1415名古屋1450(近鉄特急)1517近鉄四日市
あすなろう四日市1600(内部線)1617内部1635(内部線)1643南日永…西日野
西日野1730(八王子線)1739あすなろう四日市

出発は3人、こだまのグリーン車で。
初日は南紀を明るい時間に回りたいという希望もあって、四日市宿泊という短距離移動です。
四日市への移動は近鉄特急、ビスタカーの階下席を取っています。
時間があったので四日市に着いてからはあすなろう鉄道。ここで1名合流し4名になりました。
ゆっくり乗りつぶしたあとはトンテキで腹ごしらえしてから飲み屋へ。
2軒目にガンダムバーという変わり種に行くという変化球も(笑)。

■行程:2019/01/12
JR四日市837(南紀1)1156紀伊勝浦〜レンタカー〜紀伊勝浦1554(紀勢線)1601太地

時間こそかかっていますが、行程はとてもシンプル。
四日市から南紀のグリーン車に乗り、ゆったりと紀伊勝浦へ移動しました。
紀伊勝浦まで来るのは99年夏に今はなき165系の新宮夜行で通って以来です。
今回はレンタカーを借りて観光を入れています。レール&レンタカーきっぷなので、
どこかで必ずレンタカーは必要になりますし、南紀で泊まりたいという希望もあったので、
まあちょうどいい場所かなと思います。那智の滝は生で見たかったんですよ。
宿泊は太地です。同僚の希望もあってクジラのフルコースをいただきました。

■行程:2019/01/13
太地900(くろしお16)1250新大阪1320(のぞみ128)1410名古屋1433(名鉄特急)1526豊橋
豊橋1541(東海道線)1550新所原1620(天浜線)1730二俣本町

乗車前、万札を崩すため+記念に券売機できっぷを買おうとしたら、
つり札詰まりが起きて所持金が大幅に減るという事件がありまして(笑)。
結局これは後日返金してもらいましたが、無人駅での券売機利用には気を付けたいですね…。
ということで、オーシャンアロー車の特急くろしおで快適に新大阪へ。
ここで1名離脱、3名になって東へ向かいます。
名古屋から豊橋までは気分を変えて名鉄特急。タイミングが合ったので展望席を楽しみました。
最後は天浜線。1両ガラガラのマッタリ列車は最高でしたね。
この日は同僚の希望で二俣に宿泊。商人宿のようなところで美味しい夕食をいただいてから、
市中の飲み屋で軽く飲みました。飲み終わったところで1名離脱。最終日は2名で移動します。

■行程:2019/01/14
天竜二俣909(天浜線)913西鹿島947(遠鉄バス)1123水窪1135(伊那路1)1224天竜峡
天竜峡1233(飯田線)1553岡谷1625(中央線)1657松本1723(リゾートビュー)1828長野
長野1908(あさま630)2026大宮

知識として持っていた西鹿島から水窪へ抜ける旧国鉄バス路線ですが、
実乗できる日がやってくるとは思いませんでした。うれしい限りです。
遠鉄バス北遠本線、スタートは未成線に沿ったあと、その後は山間部の細い道を進みます。
旧バス駅もあったりして実に面白く、最高の1時間半でしたね。
少しバスが遅れていて、途中のバス駅で売っていたお弁当が買えなかったのが心残りです。
ここからは帰り道ですが、たっぷり飯田線を満喫してから、中央線では帰らずに(笑)、
タイミングよく乗れたリゾートビューに乗って長野から帰っています。
最後がE7系グリーン車というのもなかなかうまく組めたかなと思います。

こんな感じで毎年マニアックな乗り鉄をやっております。
このうち、遠鉄バス北遠本線については現在遠鉄が撤退してしまっていますので、
乗車の際には時刻の確認が必要となるのでご注意くださいませ。

この楽しい乗り鉄企画が…2019年度は流れたんじゃ…。
スポンサーサイト
- | 11:46 | - | -
コメント
コメントする









 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"