む っ き ぃ ブ ロ グ 。

鉄ヲタ会社員の旅記録。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE


 
私的旅計画2009
そんなわけで年明けから鳴子を満喫したりな感じですが、
今年も旅計画をあげておきます。
順調に行けば、これでJR完乗を達成してしまうのです。早いものですな〜。
もちろんその先には民鉄完乗計画が待っているわけですけども(笑)。

■山陰その2
おそらく09年春に実行予定。09年3月改正の影響を受けそうなので、
ダイヤの発表まで落ち着かない日々。。帰りはオプションで青森経由を設定(笑)。
1:新幹線姫路から姫新線・芸備線経由で三次泊
2:三江線、山陰線を移動して山口線に乗り、美祢線を潰して宇部新川泊
3:本山支線乗って大阪に移動、フラフラしてから"日本海"乗車
4:青森から帰る

■富山地鉄駅めぐりツアー
いつまで経ってもなかなか実行されず、ついに最後に残りました(笑)。
これもオプションで北近畿方面に足を延ばすことも考えています。
1:新幹線〜はくたかで高岡へ、城端線・万葉線・ライトレールを潰して富山泊
2:終日、地鉄駅めぐりで富山泊
3:金沢で北鉄、福井で福鉄を潰して九頭竜湖往復(これでJR完乗!)
4:えちぜん鉄道を潰し、小浜線からKTR宮津、宮津から京都経由で帰る


以下はこれまでに消化できたものです。

2008済@西九州乗り潰し・改
南九州の予定変更に伴ってこちらも若干手直し
1:新幹線博多から長崎、大村線で佐世保泊(or特急乗って佐賀泊)
2:佐賀から唐津線、伊万里往復して筑肥線から博多、博多南線往復して熊本泊
3:三角往復、豊肥線・南阿蘇鉄道潰して大分から小倉に戻り泊or福山へ
4:帰る
#実際は行きも帰りも寝台で、初日都城、2日目佐賀、3日目久留米泊で、
#当初の予定を大幅に変更した九州一周ルートになっています。

2008済@南九州乗り潰し・改
当初の予定を変更し、09年春廃止予定の寝台特急からスタートします。
1:寝台特急"富士"から大分・南下して宮崎空港・日南線往復して都城泊
2:吉都肥薩経由鹿児島、新幹線・リレーで北上して香椎線、原田線潰して久留米泊
3:久留米から日田彦山線、途中後藤寺線往復して小倉から帰る
#実際は初日国分、2日目小倉、3日目博多泊で4日目に帰っています、

2007済◎山陰その1
まだまだ残る陰陽連絡線を2回に分けて乗り潰し。
1:新幹線岡山から出雲市、もしくはサンライズで出雲市へ
2:一畑乗って松江・米子・境港往復して鳥取泊
3:若桜往復・智頭線・津山線・吉備線乗って福山あたり泊
4:呉線乗って広島から帰る

2007済◎四国乗り潰しandうどんツアー
明けから3泊4日で四国のJR乗り潰しと琴電、そしてうどんを食す。
1:新幹線岡山から高松徳島阿波池田経由高知泊
2:高知から奈半利・バス・甲浦徳島高松から宇和島泊
3:宇和島から収集しつつ高松エリアに移動して高松泊
4:うどん喰って帰る

と、このような感じで、合間に鳴子温泉を交えながら2009年もがんばりまーす。
ひとまず鳴子は定額給付金をいただいたら行きたいッス(笑)。
私的旅計画2008
ということで今年も備忘録も兼ねて私的な旅計画を挙げておきます。
ついでに実行できたものも下部に残すことにしてみました。
07年版と比較できるように、というすばらしい自己満足文章でございます。
また、"誰かに会いたいところでは泊まる"という計画も少し含まれておりますので、
そのうち連絡が行く方もいるかと思います。よろしくお願いいたします(笑)。

■南九州乗り潰し・改
当初の予定を変更し、09年春廃止予定の寝台特急からスタートします。08年夏実行予定。
1:寝台特急"富士"から大分・南下して宮崎空港・日南線往復して都城泊
2:吉都肥薩経由鹿児島、新幹線・リレーで北上して香椎線、原田線潰して久留米泊
3:久留米から日田彦山線、途中後藤寺線往復して小倉から帰る

■山陰その2
ほんの少し変更になりました。とりあえず08年冬に実行しようと目論んでいます。
1:新幹線姫路から姫新線・芸備線経由で新見泊
2:芸備線、三江線、山陰線を移動して山口線に乗り宇部新川泊
3:本山支線乗って下関に移動、山陰線・仙崎・美祢線を潰して福山泊(or帰る)
4:帰る

■西九州乗り潰し・改
南九州の予定変更に伴ってこちらも若干手直し。実行は09年夏か?
1:新幹線博多から長崎、大村線で佐世保泊(or特急乗って佐賀泊)
2:佐賀から唐津線、伊万里往復して筑肥線から博多、博多南線往復して熊本泊
3:三角往復、豊肥線・南阿蘇鉄道潰して大分から小倉に戻り泊or福山へ
4:帰る

■北近畿ツアー(関西と北近畿・改)
予定外に来月桜井線と和歌山線を潰せるので変更。開放A寝台に乗りたいだけです(笑)。
1:大宮から北上し青森から寝台特急"日本海"、もしくは新幹線大阪から福知山経由で福知山泊
2:タンゴ鉄道で収集して小浜線経由福井泊
3:九頭竜湖往復して帰る

■富山地鉄駅めぐりツアー
以前からかなり行きたいもの。年2度のビッグ旅の合間に行くことを考えています。
1:新幹線はくたかルートで高山、城端線潰して富山泊
2:終日、地鉄駅めぐりで富山泊
3:時間まで地鉄駅めぐりをして、帰る


以下は2007年に消化できた計画です。予定通りの年2回消化でした。

2007済◎山陰その1
まだまだ残る陰陽連絡線を2回に分けて乗り潰し。
1:新幹線岡山から出雲市、もしくはサンライズで出雲市へ
2:一畑乗って松江・米子・境港往復して鳥取泊
3:若桜往復・智頭線・津山線・吉備線乗って福山あたり泊
4:呉線乗って広島から帰る

2007済◎四国乗り潰しandうどんツアー
明けから3泊4日で四国のJR乗り潰しと琴電、そしてうどんを食す。
1:新幹線岡山から高松徳島阿波池田経由高知泊
2:高知から奈半利・バス・甲浦徳島高松から宇和島泊
3:宇和島から収集しつつ高松エリアに移動して高松泊
4:うどん喰って帰る


・・・と、このように書き連ねました。
30までにJR完乗の計画はなんとか順調。今年もがんばりまーす。
私的旅計画2007
とりあえず備忘録として今後の計画をツラツラと・・・
今までは5日でも1週間でも出られたからよかったんですが、
もはや長期休暇は取れないので、考えていたのもすべて組みなおしでございますのよ。。
しかし、4日間という時間は休暇を1日取るだけで作れるようになったので、4日間プランを考えまくり(笑)。
今は家でひとりの時間が多いので、どんどん調べてしまうのです・・・
ちなみに調べたものはすべて特急利用を前提にしています。18きっぷ中心の計画はもう無理ッス(笑)。

■四国乗り潰しandうどんツアー
明けから3泊4日で四国のJR乗り潰しと琴電、そしてうどんを食す。
1:新幹線岡山から高松徳島阿波池田経由高知泊
2:高知から奈半利・バス・甲浦徳島高松から宇和島泊
3:宇和島から収集しつつ高松エリアに移動して高松泊
4:うどん喰って帰る

■南九州乗り潰し
これも明けから3泊4日で。一番行きたいと思っているのがこれかな。。
1:新幹線博多から熊本・三角線往復して新幹線南下・国分泊
2:肥薩・吉都経由宮崎から日南線往復して大分泊
3:豊肥線で熊本・北上して原田・後藤寺線を潰し博多or小倉泊
4:日田彦山線、香椎線を潰して帰る

■西九州乗り潰し
結局九州は2回に分けることになってしまいました。
もう少し時間があれば松浦鉄道とかにも乗れるのだけども。うーん。
1:新幹線博多から長崎、もしくは京都から寝台で長崎入り
2:長崎から佐世保、佐賀から唐津線、筑肥線伊万里往復後姪浜へ(これでJR九州完乗)
3:テキトーに(おれんじ鉄道とかくま川鉄道あたりか)
4:博多南線乗って帰る

■山陰その1
まだまだ残る陰陽連絡線を2回に分けて乗り潰し。
1:新幹線岡山から出雲市、もしくはサンライズで出雲市へ
2:一畑乗って松江・米子・境港往復して鳥取泊
3:若桜往復・智頭線・津山線・吉備線乗って福山あたり泊
4:呉線乗って広島から帰る

■山陰その2
災害復旧が条件ですが、これを実行するのは先になるかな。日程が短いので行きやすいですが・・・
1:新幹線姫路から姫新線・芸備線経由で三次泊
2:三江線、山陰線を移動して山口線、幡生から山陰線〜長門市・仙崎往復、美祢線に乗り宇部泊
3:本山支線乗って広島に移動、可部往復して帰る

■関西と北近畿
これも災害復旧が条件ですが、けっこう行きたいプラン。関西エリアの未乗線区とタンゴ鉄道の収集。
1:新幹線京都から奈良、桜井線・和歌山線・和歌山市支線を潰して大阪、福知山線経由で福知山か豊岡泊
2:タンゴ鉄道で収集して舞鶴泊
3:小浜線から敦賀・福井から九頭竜湖往復して帰る

と、これら全部でJRはほぼ完乗になるようです。
あー。出かけたい欲求がたまってるなー、なんて思う今日この頃。。。
この他にも富山地鉄の駅訪問やら、只見線にまた乗りたいやら、小湊鉄道に行こうやら、
いろいろと考えつつもなかなか仕事が忙しく、残業と代務が多くて時間が取れません・・・
京王戦争2006
そんなわけで、京王百貨店の駅弁大会が開幕しました。
とりあえず、初日の夕方に時間があったので様子見にゆっくり訪問、
昨日土曜日に本格的に買い物をしました。

初日の木曜は思った以上に空いていて、かなりゆっくり見られました。
というより、苦戦しているブースもあったようで、試食もやっていましたね。
いわしのほっかぶりは1カン試食という太っ腹ぶり。
しかも現地とほとんど変わらぬ最高の質でした。うますぎ・・・。
また、長崎の鯛めしも試食をやっていたのでもらったんですが、
これは去年の大苦戦も納得できるレベルでしたね。
見た目にインパクトがないだけでなく、炊き込みご飯に鯛の香りがしない、、
来年も来ることができるのか、いらぬ心配をしてしまいました^^;
木曜は輸送もかなり余裕があって、去年は入荷待ちの行列ができていた
札幌の"冬の天然寒ブリご出世弁当"があったのでおやつに購入しました。

昨日ははじめて家族3人で出撃。開店10分前に新宿に着いて、、、ダッシュ!
さすがに最初の休日とあってかなりの混雑でしたが、
あらかじめ狙いをほぼ定めていたので、すべて買っても11時に買い物終了!
特に"たらば寿し"と"花咲かに弁当"はものすごい行列でした。

さて、それでは食べた駅弁の感想を。。


■冬の天然寒ブリご出世弁当(札幌:札幌駅立売商会、950円)
雑穀米(かな?)の上に寒ブリ切身の焼漬がドドン。
おかずは大根煮にタコの煮物、タラコの和え物などで、体裁は幕の内。
しかしそれにしては味付けにクセのあるものが多かったかな、と感じましたが、
その素材はすべて北海道産、自分が駅弁に求める"名物を手軽に!"というところが
しっかりおさえてあって、個人的にものすごく好感をもてました。

■いかめし(森:阿部商店、470円)
開店直後、大行列ができる前に奥さんに買っておいてもらいました。
言うまでもなく超有名駅弁なわけですが、
デパートの北海道展なんかになるとこれもよく来るわけで、
そういった意味では敢えて京王で大行列に並ばなくてもいいものです。
奥さんの妹のリクエストで購入しましたが、
久々に食べると「ああ、これだなぁ」と妙に安心してしまうところ、
やっぱり名作であることにはかわりはないですね。

■花咲かに弁当(根室:釧祥館、1260円)
奥さんの妹のリクエストで、11時からの整理券で並ばずに購入。
釧路の駅弁業者が根室駅弁としてこの駅弁大会のために新規開発したもの、
と思われる駅弁。駅売り前に京王で出すのはよくあるパターンです。
この手の商品を果たして駅弁と呼ぶのかは微妙なんですが、
今後根室駅で本当に販売されるようになってくれればそれでいいです。
炊き込みご飯に大量のかに身にいくら、炙りサーモンがのっています。
私は炙りサーモンだけしか食べなかったのですが、これだけでも
トロリと甘かったので、かにもそのようなハイクオリティなものだったと思います。
かにを食べた奥さんも「一番うまかった」と言っていました。

■かきめし(厚岸:氏家待合所、950円)
ここのところ現地の販売実績がないのに駅弁として売られる、"偽駅弁"が増えました。
これも掛紙記載の電話番号が違う"ニセ版"の存在は有名な話。
本当に困った世の中ですが、京王にはちゃんとホンモノがきます。
掛紙に電話番号と共に「氏家勲」という名前が入っているのですが、
かきめしブースで取り仕切っていたのがまさに氏家勲さんでしたからねぇ^^;
このかきめしは、牡蠣の身を味わうのではなく、煮汁で炊いたご飯を楽しむもので、
つまり"かき+めし"ではなくまさに"かきめし"であるということです。
奥さんのお母さんのリクエストだったので2口しか食べていないのですが、
口に広がる牡蠣の香りがすごい濃くて驚いてしまいました。
見た目のインパクトは弱いんですが、それにしてもうまかった。

■瀬戸の牡蠣めし(広島:広島駅弁当、1000円)
これも3年前に京王のために開発された駅弁で、現在は現地売りもあるそうです。
厚岸のかきめしとどちらかを朝食にしようと思って両方購入。
で、奥さんに選んでもらったのがこっち。
見た目にはご飯の上に牡蠣が5つにじゃことでんぶという構成ですが、
ご飯にも牡蠣が入っているんですね。ちょっとびっくり。
でも一番のびっくりはご飯の上の牡蠣5つ。身は大きくプリプリ、
それでいて味が濃厚!これは5つ以上入っていても濃くて食べきれないです。
こんなに濃くてうまい牡蠣なんてあるんだなぁ。

■ぶりかまめし(氷見?:源、950円)
氷見駅弁として紹介されていますが、たぶん富山がメインの販売でしょう。
去年も購入したものですが今年も買ってしまいました。
ひっそりと輸送されていた去年と違い、今年は実演販売。
扱う量が増えてもその質は変わることなく、骨まで食べられるのは変化なし。
とにかくオススメです。迷ったらこれを買え!!・・・ってくらい。

■鯖の姿寿し(高知:安藤商店、1260円)
残念ながら現在は現地販売はないようなんですが、食べ比べたくて購入。
ごま入りの酢飯の上に頭も尻尾もそのまんまな鯖が載っています。
鯖は身の厚さはそれほどでもありませんが、味は濃厚でした。
酢飯と鯖の間にシソを敷いているのがいいアクセントで、
濃厚な味をさっぱりとさせてくれています。
しかし鯖寿し好きな自分でも多いと感じる量でした。
すごいのは「日にちが過ぎたら焼いて食べるとまたよし」との案内。
保存食としても考えられていたということですね。

■かごんま黒ぶた弁当(出水:松栄軒、1050円)
魚の駅弁ばかりというのも寂しいかな、と思って試食した後に購入。
麦ご飯の上に豚味噌漬焼をのせたもので、
幕の内風だった去年とは大きく変わったものになっていました。
肉はやわらかく、量もそれなりにあってなかなかいい感じでした。

■かにめし(鳥取:アベ鳥取堂、1000円)
かに寿しよりもかにらしさを味わえるだろうと思い、こちらを購入。
かに型容器にかにの炊き込みご飯、その上にはかに身が山盛り。
私はひと口しか食べていませんが、やはり酢でしめてあるかに寿しよりも、
かにの風味は大きかったですね。

■めはり寿し(和歌山:水了軒、600円)
めはりというと紀伊半島のものだと思うんですが、和歌山でも販売があります。
炊き込みご飯(酢はおそらく入っていない)を高菜でくるんだもの。
価格も安く、寿しも6個しか入っていないのですが、
ともかくご飯ご飯なのでお腹が一気にふくれてしまいました。


そんなこんなで、自分がほどんど食べていないものも含めて、
もう10本も買ってしまっております(笑)。
でもまだ"いわしのほっかぶり"も買っていないし、他にも食べたいものあるし、
来週も出撃したいなぁ、なんて思っているところです。
北海道大特集
そんなわけで、猛烈な勢いで北海道の調査をしています。
下らない話をツラツラと・・・

■道内時刻表
北海道内専門の時刻表というものがあります。
神保町まで行かないと売っていないかと思いきや、
新宿の紀伊国屋にあるとのこと。早速購入してまいりました。
内容は当然ですが北海道だけです。あとは本州連絡列車と、その接続新幹線くらい。
サイズはちょっと大きめ、紙質もよくてなかなかいい感じ。
バスに関してはかなり詳しく細かく掲載されているので、
北海道をくまなくまわる人にはかなり使える一冊であると思います。
今回は寝台でまっすぐ北海道に向かって、帰りもまっすぐ新幹線で帰るので、
時刻表はこれでキマリなのでした。

■2番D席の謎
昨日、新宿駅で北海道フリーと指定券を一式出してきたんですけども、
"スーパー北斗"と"スーパーおおぞら"・・・つまり281・283系の特急列車、
これらの指定券4枚がなぜかすべて2番D席。
マルスで席番入力して出したのか、と思いましたが他の列車は席番違う。
ということは、、たぶんワシが最初のグリーン席を押さえた人なんでしょう。。
時刻表に載っていた座席表によると281・283系の2番D席は2人席の窓側。
北海道の車両は全部2+1の3列シートのようだから、
せっかくなら1人席がいい・・・ということで、明日大宮のJTBに行くので変更します〜。

■北海道フリーパス、元は取れるか!?
道内での移動用に発券した指定券は12枚、日によっては2枚しかなかい日もあって、
果たして元が取れるのか?ということで、複雑な経路もおかまいなしに、
自分の入力したとおりのルートで運賃計算してくれるフリーソフト、MARSで計算。
フリーパスはグリーン車用で34860円、けっこうなお値段ですが・・・
大丈夫でした。計算したら乗車券分だけで53650円分乗るようです(笑)。
2日連続で寝台に乗る(グリーン用は道内夜行のB寝台に乗れる)ことを考えると、
トータルで額面の2倍くらいは乗ってしまうようですね。あらあら。。

■フロと充電
25日に大宮を出て、最初にホテルに泊まるのは28日です(笑)。
となると、当然フロはけっこう重要なポイントになってきます。
しかも北海道とはいえ9月じゃそこそこ暑いでしょうしねえ。
27日は新得駅横のトムラウシ銭湯に入れるからいいとして、問題は26日。
時間があるのは夕張〜追分間のどこかで1時間。このエリアに銭湯はあるのかな。。
心配していた携帯電話の充電は、281系・283系のG車に電源プラグがあるようなので、
これはなんとか凌げそうです。こんなところにも普通車との差が出ますねぇ。
#"サロベツ"や"SWA"なんかは普通車でも電源プラグありましたけどね。

■犠牲になったもの
28日に札幌ドームに行くことになって、それはそれでもちろんいいんですが、
その代わりに帯広での豚丼と札幌でのラーメンが犠牲になりました(泣)。
となると、、ほとんどの食事が駅弁になっちまう、、、
どうせひとりじゃ街に出たりはしないから、駅弁は手ごろでいいんですが、、、
豚丼のかわりは池田のステーキ弁当、ラーメンのかわりは札幌駅弁だ!
#ひとりで気軽に食べられる非駅弁食だったので残念ではあります。ううう。

・・・と、このように頭の中は北海道だらけなわけですよ(笑)。
しかし、今回はカメラもでかいし、余計な衣類(ロッテ)があったりで、、
荷造りに苦労しそうな気もします。うひひー。
いよいよ開業間近。
今日は早めに職場を脱出して、秋葉原へ。
ずっと工事してた通路もきれいになっていて、階段を降りてからの広い空間に驚きです。
電気街口の反対側に中央口という改札ができており、
そこを出て右に行くと、つくばエクスプレスの秋葉原駅があります。

ってことで、いよいよ24日、つくばエクスプレスが開業です!

と同時に、つくばエクスプレス初乗りツアー参加者募集ぅぅぅ!!
参加希望者は8月29日18:30の快速つくば行きに乗れるように秋葉原集合です。
当の本人が遅れる可能性がありますがそこはその時ってことで、
参加希望者(いるわけないだろうがw)はワシまでご連絡を(笑)。

つくばまで快速で45分ということももちろんですが、
八潮や三郷の中央部に駅ができることもとても画期的なことですね。
地図を見た限りでは青井と六町はいずれも北綾瀬から徒歩連絡ができそうですしねぇ。

ちなみに、日曜日までTX主要駅で開業記念フリーきっぷ、発売中です。
29-31日のいずれか1日という条件はありますが、お値段は破格の500円。
枚数限定とのことですが、今日の様子を見ていると日曜日まで普通に買えそうでした。

29日は夜になってしまうので写真はほどほどにしておくこととして、
快速の130km/h運転をつくばまで楽しんで、折り返してテキトーに
いくつかの駅に乗り降りして、流山おおたかの森から野田線で帰る予定です。

しかしなあ、、あまり期待はしていなかったものの、、
フリーきっぷは本社端末(おそらく。発行駅はセンター駅)で出した85mm券。
東京メトロや北総なんかが流れに逆らって自社地紋の券紙を用意しましたが、、
残念ながらつくばエクスプレスはPJR赤地紋、関東私鉄共通のものでした。
連絡運輸も定期だけのようだし、窓口端末も置くんだろうし・・・
収集面はあまり期待できなさそうではあるのですが。。
青春18きっぷ、という
もうすっかりおなじみとなった青春18きっぷですけども、
ここのところいろんな場所の掲示板を見ていても、
とにかく呆れるような書き込みが目立つように思います。
ただただ、"安くなら18きっぷ"ということだけが一人歩きしているような、、、

"●●から××まで効率よく行くにはどうすればいいでしょう?"という書き込み。
途中にオススメの場所があるかを聞くのではなく、行くための時刻の質問、
ひどいのだと日にちも時間も書いていない。
まだ行きにくい場所ならわかるけど、東京〜名古屋とかも多いのよね。

まず、効率よく行くならば18きっぷを使うことは勧めない(笑)。
18きっぷというものが効率を無視したものですからね。

それから、●●から××までどうやって行くか、調べられないならば、
18きっぷを使うべきではないですよね。
例えばそういった掲示板で教えてもらった時間を、どうするんでしょう。
改めて時刻表を引きますか?
・・・引かないでしょう。プリントアウトするんでしょう、きっと(笑)。
それで乗り遅れたりしたらどうするのでしょうか。

もうねぇ、自分が調べないと何もできない仕事をするようになったからか、
なぜ調べられないのか?という気持ちが沸いて出てきてイライラしてしまうのです^^;
調べる手段が極端に少ないという環境ならまだしも、今の環境はどうでしょう。
インターネット上に時刻表サイト、どんだけあるよ?

18きっぷは価格もある意味異常ですけども、
きっぷのルールも、"遅延や運休による救済は一切しない"と明記されている、
それはそれは異常なきっぷなのです。
にも関わらず、ただ安いという部分だけが目立って知名度がグングン。
だから遅れた時に新幹線の振り替えを要求したり、
最近だと明後日ある明石の不発弾処理で、私鉄振り替えが18きっぷに適用されないことに
「おかしい」とか言い出しちゃったりするわけですよ。

大垣米原間とか相生岡山間とか、18きっぷシーズンだけ普通列車が異様に混んでいたり、
そもそもおかしいことだと思うんだよなぁ、、、

ということで、そろそろ18きっぷをなくしてもいいんじゃないかと思う今日この頃。
なくすは極端にしても、学生専用にしてしまうとかね。
#実際私は高校生の頃に調べて乗っての楽しさを18きっぷで知りました

なにか誤った方向に歩んでしまっているこのきっぷ。
そろそろ見直しする頃になっているのではないかと勝手に思っているのです。。
鉄ネタ
電車待ちが長いのでヒマつぶしに…

■旅と鉄道
夏増刊が出た。北海道がメインなので購入しました。
ま…相変わらずネタ切れではあるもののそこそこな感じでしたかねえ。
食事と温泉は秋の遠征の参考になったかな。
そろそろのりつぶしマップはいらないと思いますが…

■宇都宮線開業120周年記念入場券
早起きして7時の発売開始には行こうと思っていたのですが、起きたら7時半(笑)。
急いでチャリで駅行ったらまだ買えました。うちわとポストカード付き。
肝心の入場券はA型で表には呪文一切なし!元々のはきっとB型なんだろうけど、納得できる品です。
日付は印刷かと思いきや、ちゃんとダッチングマシンで入れてありました。
最近はなかなか興味深い記念券が多く、いいことだと思います(笑)。
ぼくのなつやすみ
そんなわけで先週の土日に山形・仙台に行ってきました。
3月に実家に帰ったクイーンズ時代の友達、K倉君のところへ!

出発は東京1032発の新庄行き「つばさ」。
4人でボックス席にして出発からビールあけたりして(笑)。
一杯目が終わったところでTちゃんが持ってきたモー娘。しりとりカードゲーム開始、
昼飯をはさんで延々天童のあたりまでやり続けて、あっという間に大石田。

大石田についてからはK倉君の車に乗って銀山温泉へ。
奥の公園をくまなく歩いたのですけども、滝はでかいわ洞窟はあるわで、
酒を抜くにはちょうどいい運動、そして収穫大!
特に「夏しらず」という洞穴は何のことはない穴なのに、
びっくりするくらい中がひんやりしていて驚きでした。

銀山温泉のあとはいざ宿泊地。
K倉君の実家から車で5分ほどのログハウスで、友達のお父様が管理しているとか。
ログハウスといっても1,2階リビングに寝室が3,4室もあるでかい建物で、
しかもこれが貸切というから過ごしやすかったです。

K倉君の実家で挨拶をしてから近所の天然温泉で汗を流し、
買出しをして外で焼肉、そして食後は花火という定番のコースで楽しみました。
酒も珍しくけっこう飲みました。うまいんだな、、これが。
で、23時頃からはなぜか外でウノ(カードゲームね)大会。しかも25時過ぎまで(笑)。
なんだかよくわからんけどえらい盛り上がりましたね。
で、部屋に戻ってフトンに入ってからも下らん話をして、27時頃に就寝。

翌朝、8時半に奇跡の起床(笑)。しかも酒は全く残っておらず。
近所の自販機までコーヒーを買いに出てマッタリ。
残りのメンバーも9時には全員起きて、10時にはもう仙台に向かって出発です。

12時頃に仙台に着いてTちゃんのお連れと合流、いざフルスタ!
・・・びっくりするくらい混んでおりました。
ダルビッシュ期待値なのか、今シーズン一番の客入りだとか。。
仕方なしに外野自由の階段に座って見ていました。
初回に取った4点を入来の不調で守りきれず。立ち直った岩隈から点も取れず、
結局8回に勝ち越されて日ハムは負けでした。

で、やっと見られた楽天ホームゲーム。
思ったとおり、応援はただメガホンをパコパコ鳴らしているだけでした。
レフトの芝生は割とコアなエリアなのかな。でも声がぜんぜん出てない。
昔の藤井寺となんもかわらん、ラッパがないだけの野球応援でした。
日ハムは普段応援歌の一発目がアカペラなこともあってか、ほどほどにやってましたね。
でもなあ、、そんなハムのコアゾーンにも楽天ファンが混じっていたりするのは
相当にやりづらかったんじゃないかと。。

あとはあれだな、結局楽天を本気で見てる客が少ないのよ。
ハムが守る度にどいつもこいつも「新庄さーーーん!」って、
お前ら何を見に来てるのよ(笑)。あと2,3年してどれだけ入るかがミモノだな。。

ただし、間近でMr.カラスコを撮れたのは大収穫でしたね(笑)。
暴力的トラッキー亡き今、日本で最もアツいマスコットといえるでしょう。
3回裏の後にバイク立ち乗りでグランドに出てきて、
レフトスタンドに柵を越えて入っていったりして。なかなか笑えました。

野球の後はおみやげを探ったりしながら、牛タンを食べて、
楽しい合宿もいよいよ終わり。仙台1924発の「はやて・こまち」で帰りました。
帰りの電車は大宮直前までずっとウノやってました眠いはずなのに^^;

そんなわけであっという間に2日間は過ぎてしまったのでした。
大石田までは3時間ちょい、行くには一番いい距離なんですよね。
こう、みんなではしゃげる、みたいな。あの、渚園くらいのね。
今回は来られないメンバーもいたことですし、
ぜひこれからは毎年夏の恒例行事にしたいですね。

参加者みなさん、お疲れ様でした。そして現地でお任せしたK倉君ほんとに感謝。
来年も必ず行きましょう!
福知山線脱線事故
眠い目をこすりながら、作業最後の追い込みをしているところに事故のニュース。
91年に発生した信楽の列車衝突事故を越える大惨事になってしまいました。
この事故の被害に遭われた方へお見舞いを、そして亡くなられた方へ、ご冥福をお祈りします。


原因はいろいろとあるのでしょう。
置き石だけは直前に「北近畿」が通過していることからなさそうですけど。
しかし、40mのオーバーランを口裏あわせてごまかそうとしたところや、
過去に何度も処分を受けている(しかも経験年齢の若い)運転士を
普通に使っているところなど、JR西の体質にも問題があるのではないかと思います。
#経験年齢の若いのがマズいのではなく、経験の割に処分が多いと思うのです。
#そういう人は少なくとも普通に使うのではなく、一度運転を離れさせて再度の
#教育をしたほうがいいんじゃないかと思います。

結局、最終的に電車を動かしているのは人間です。
その「質」を最高の状態に保つのはもはや事業者の宿命でしょう。

ほかにも保安装置の問題とかあると思うんですが、、、
詳しいことはもっと専門的なページを探したりしていただきたいですが、
ATSは"点"でしか制御できないけどATCは"線"で速度を制御できる。
でもATCの整備にはお金がかかる。JRだって湯水のように金があるわけでは
もちろんなく、
ましてやJR西は本州3社では最も苦しいと言われている。
そのような状態で一定の安全を確保するには、ATSが限界でしょう。
うむ、、やっぱり、最終的には人間に頼ることになってしまいますね。


まだまだ先頭車両の被害者の救出は続いています。
今後の絶対の安全確保を、JR西日本のみならず全国の鉄道事業者に望みたいと思います。
 1/8PAGES >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"