む っ き ぃ ブ ロ グ 。

鉄ヲタ会社員の旅記録。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE


 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
撮影ついでにバス乗り継ぎ実践 2019秋
出かける機会はほぼ毎月のようにありますが、ここ数年は同人サークルの用件が多く、
ここに記録を残すような内容でないこともしばしば。
ということで記録的には5か月ぶりになりますが、これも同人活動を兼ねています。

■行程:2019/10/21-22
東京駅2220(Pドリーム117)620京都631(湖西線)735近江今津815(JRバス)915小浜
小浜958(小浜線)1105敦賀1110(しらさぎ6)1145米原1150(新快速)1230石山
石山1300−山科−六地蔵−木幡…京阪木幡−中書島−石清水八幡宮−東福寺−1542京都
※Pドリーム117号は京都駅に15分早着、所定は635着
※石山以降は別用件での移動、詳細時刻省略

→出発はプレミアムシート。1席のみの区画が取れたので前後も気にせず熟睡しました。
乗継がギリギリでしたが、少し早く着いたので1本早い湖西線に乗れました。
緑1色は味気ない気がしますが、117系に乗る機会ももうあまりないでしょうね。
ここ最近はバスや船を活用した乗り継ぎを実践することが多いですが、
今回も近江今津からバスで小浜に抜けるルートを実践することとしました。
最初こそよく乗っていたものの、10分ほどで空いてガラガラに。
1時間で小浜に出られるのはちょうどいい気分転換でした。
小浜線は96年8月以来です。前回は電化前だったんですねえ(笑)。
敦賀からは特急と新快速を乗り継いで石山へ。石山以降は同人サークルの撮影用件です。
それにしても山科から六地蔵を経て木幡、石清水八幡宮と忙しい午後でしたね。
夜は毎度おなじみ花園へ。疲れのせいか、控えめに飲んで宿に戻りました。

■行程:2019/10/23
京都河原町1100−淡路−千里山−北浜−守口市−北浜−恵美須町−住吉−天王寺駅前
天王寺駅前…天王寺−東梅田…大阪−新大阪1650(こだま674)2047東京
※恵美須町−住吉−天王寺の阪堺電車以外は別用件による乗車

→翌日はほぼ撮影用件です。出発が遅いですが、その前に京都府庁旧庁舎へ行っています。
最後に時間があまったので、おそらく大阪市側の末端に乗っていないはずの阪堺線へ。
このあとに恵美須町駅が移転するとは知らず、運よくしっかり撮ることができました。
住吉で乗り換えて天王寺駅前に戻り、そこからは帰り道。毎回恒例のこだまグリーンで快適に。

別の交通機関をつないで乗り継ぎするのは新鮮で楽しいですね。
あとは宿泊が京都に縛られすぎているのは是正した方がいいかなと思いつつも、
美味いもので一杯やれる店がある以上は、それでいいのかなと思うところも。
当分は関西に行ったときには京都泊が続くと思います。
ひさびさの乗りつぶし遠征 2019初夏
前回の温泉療養からわずか1か月、再びでかけます(笑)。
メインの用件は京都花園の飲み屋と同人サークルで不足していた分の撮影ですが、
それに加えて新規開業路線と長年の懸念だった長良川鉄道の乗りつぶしを入れています。

■行程:2019/05/15
東京1433(ひかり517)1711京都

→仕事のあと、一度家に帰って午後の新幹線でマッタリと京都に向かいました。
京都は宿に入ったあとにすぐ花園へ行っていつもの飲み屋へ。
基本的に注文というのはせず、お造り以外は大将のオススメという流れで固まっています。
今回はカンパチのカマ焼が絶品でした。

■行程:2019/05/16
京都1103(みやこ路)1142木津1152(大和路)1230久宝寺1241(おおさか東)1335新大阪
新大阪(地下鉄)なんば…大阪難波1500(近鉄特急)1712名古屋1722(名鉄)1752新鵜沼
新鵜沼…鵜沼1813(高山線)1828美濃太田
※おおさか東線は新大阪手前で本線輻輳のため20分遅れ、所定は1315着

→最初は京都府立図書館と周辺の撮影をして、そのあとに乗り鉄を開始しています。
長らく宇治以南に乗っていない、奈良線〜大和路線経由で久宝寺へアプローチ。
その後結局おおさか東線は既存区間も含めて全区間を乗車したのですが、
人身事故かなにかの影響で新大阪手前で本線に入れずに待たされ、大幅に遅れました。
近鉄特急は伊勢中川乗り換えで伊勢志摩ライナーのDX車に乗る予定でしたが、
このせいで名阪特急に変更しています。まあ、アーバンのDXも快適ですけどね。
名古屋からは名鉄とJRを乗り継いで美濃太田へ。翌朝が早いので宿でおとなしく過ごしました。

■行程:2019/05/17
美濃太田626(長良川)838北濃855(長良川)1038関1105(岐阜バス)1152名鉄岐阜
名鉄岐阜1240(名鉄)1248笠松1255(名鉄)1317新羽島…岐阜羽島
岐阜羽島1348(こだま658)1647東京

→早起きして長良川鉄道の始発に乗車しました。フリーきっぷを買いたい旨を運転士さんに
申し出ると、関での停車時間中に購入できるように手配してくれるというスマートな対応。
単純に往復する予定でいましたが、戻りは気分を変えて関からバスで岐阜に出ることに。
待ち時間で名鉄の廃線跡を見ることができたり、バスからも廃線跡が見られたり、
なかなか面白い経路選択ができたと思います。
岐阜では名鉄駅のビル内で豊橋の郷土料理「菜めし田楽」を食べ(これ好きなんです)、
名鉄で新羽島に出て名鉄の完乗も達成。最後はいつもどおりにこだまグリーンで帰っています。

■民鉄乗りつぶし
長良川鉄道(美濃市−北濃間初乗車で完乗)
名鉄犬山線(枇杷島分岐点−上小田井間初乗車で完乗)
名鉄竹鼻線(笠松−江吉良、完乗)
名鉄羽島線(江吉良−新羽島、完乗)

→久々に乗りつぶしを目的に行程を組みまして、ようやく名鉄も完乗しました。
長良川鉄道は景色もよかったので再訪の機会があれば行きたいなあと思います。

このあとも同人サークルのネタ撮りに京都へ行ったり、
執筆のために角間温泉に行ったりはしていますが、あまり記録に残すほどでもないので、
意外と?5か月ほど記録が空くこととなります。次は10月の記録です。
突然の甲信越温泉療養 2019春
相変わらず仕事でとってもストレスが溜まってしまう日々なので、
思い立って温泉療養をすることにしました。
2泊とも温泉というのは、私のひとり旅では珍しいことかもしれません。

■行程:2019/04/12
東京1936(Maxとき343)2057越後湯沢

→仕事を終えて、そのまま東京駅から新幹線です。
E4系もいつまで走るかわからない(少し延びましたが)ですからね。
越後湯沢は駅から徒歩圏内の温泉ホテルに素泊まり。疲れを癒しました。

■行程:2019/04/13
越後湯沢713(上越線)733六日町737(ほく)750しんざ759(ほく)801美佐島822
美佐島(ほく)828魚沼丘陵841(ほく)915うらがわら952(ほく)954虫川大杉
虫川大杉1000(超快速)1014直江津1050(ETR)1111筒石1144(ETR)1205直江津
直江津1236(ETR)1333妙高高原1400(北しなの)1450長野1533(長電特急)1620湯田中

→少し早起きをして、ほくほく線の駅巡りからスタートです。
特に美佐島はトンネル駅として有名なので行けてよかったですし、
うらがわらでは駅横の農協で「くびきの押し寿司」を買うこともできました。
直江津に出てからは日本海ひすいラインに乗って、無人化されてしまった筒石を訪問。
昔行ったときに突然「Excel教えて」とか駅員さんに言われたことを思い出します(笑)。
30分ほどの滞在で再び直江津に戻り、今度は妙高はねうまラインで長野を目指します。
列車が空いていたのはよかったですね。最後は長電特急で湯田中へ。
元成田エクスプレスの特急は快適でしたが、思ったより混んでいました。
宿は湯田中駅からバスと徒歩でアプローチする角間温泉です。
明治建築のレトロな旅館で過ごす夜は格別でありました。温泉も入り放題。

■行程:2019/04/14
湯田中917(長電)938信州中野949(長電)1035長野1126(あさま614)1247大宮

湯田中駅まで車で送ってもらって、帰りはまっすぐ大宮に戻るだけです。
前日の混みようから特急は避けたかったので1本早い各駅停車に乗りました。
元日比谷線の、いわゆるマッコウクジラの乗車はおそらくこれが最後でしょう。
ラストは新幹線。湯田中〜長野と長野〜大宮の所要時間がほぼ同じでした(笑)。


角間温泉が思いのほかよかったというのが一番の感想ですかねえ。
ほくほく線は松之山温泉に一時期毎年行っていたのでよく乗ってはいたのですが、
駅巡りをしたのはこれが初めてでしたし、急ごしらえにしてはいい結果となりました。
北関東 気になる乗り継ぎワンデイトリップ 2019春
どうにも、乗り継ぎルート実践シリーズになってきている気がしますね(笑)。
これも以前から知識だけ持っていた乗り継ぎルートを実践したもので、
未乗だったわたらせ渓谷鉄道と上信電鉄を合わせて1日で回ったものです。

■行程:2019/03/01
春日部703(リバティけごん1)822東武日光…日光駅前935(日光市営バス)1011間藤
間藤1058(わたらせ)1241桐生1301(両毛線)1350高崎1357(上信)1500下仁田
下仁田1509(上信)1523上州七日市1548(上信)1558南蛇井1608(上信)1620西富岡
西富岡…上州富岡1650(上信)1729高崎1814(高崎線)1935大宮

出発は春日部からリバティです。今はなき春日部駅のカレースタンドで買ったサンドを、
空いていて快適な車内で食べながらの移動でした。
東武日光は駅弁購入の目的もあり、ここで2本購入してバスに乗りました。
バスは30分ちょっとで間藤駅へ。小型バスでしたが乗客は少なく、時間通りの運行でした。
わたらせ渓谷鉄道は沿線を車で走ったことはあるものの、鉄道利用は初めて。
単行のディーゼルカーはゆったりマッタリ。桐生に近づくに連れて乗客が増えて、
桐生に着くころには座席が埋まるほどでした。
上毛電鉄に乗るかどうか悩んだものの結局乗らずに高崎に移動して、
しょっちゅう通るのに一度も乗ったことがなかった上信電鉄に訪問です。
フリーきっぷを購入して、下仁田まで行ってからこまごまと駅を巡りました。
味のあるいい雰囲気の駅が多く、これは時間を取った甲斐がありましたね。
帰りは高崎の駅弁屋で半額だった横川駅弁「峠の鶏もも弁当」をつまみに、
高崎線のグリーン車でゆっくり飲みながら大宮へ戻ったのでした。


これで2018年度の乗り鉄記録は完了です。
感染症問題のせいで休みでも外に出ない状況が続いており、
そのおかげで溜まっていた旅の記録も駅弁の記録も順調に消化中です。
騒ぎが収まるまでにストックはきれいに消化できることでしょう!
ライヴついでに気になる乗り継ぎ 2019早春
ここ数年よく聴いている花柄ランタンのライヴ遠征をしたときの記録です。
あまり乗り鉄要素は多くないのですが、昔から考えていた乗り継ぎルートを使ったので、
記録を残しておこうと思います。このルートを使ったのも乗り鉄メインの用件ではなかったり。

■行程:2019/02/02
東京1756(こだま677)2002豊橋2015(豊鉄)2050三河田原

仕事が終わったあと、そのまま東京駅から新幹線に乗車です。
こだまということは、当然にグリーン車ですね(笑)。
宿泊はもう一歩進んだ三河田原です。開業したてのビジホはとても快適でした。
なお、豊橋から鳥羽港までは豊鉄で発売している割引きっぷを利用しました。
田原で宿泊しても利用可能で、それでいて別々に買うより安くなるのでおすすめです。

■行程:2019/02/03
田原駅前739(豊鉄バス)830伊良湖930(伊勢湾フェリー)1025鳥羽港…鳥羽
鳥羽1055(近鉄)1110宇治山田1130(近鉄特急)1311鶴橋1316(環状線)1323京橋
京橋1337(京阪特急)1418祇園四条

伊勢湾をフェリーで渡って乗り継ぐというルートは、これも昔から知識としては持っていて、
いつかは実践したいと思っていたものです。乗りつぶしが一段落してからは、
こういうことを上手く組み入れることができているなあと思いますね。
ということで2日目は田原駅前からバスに揺られて伊良湖岬へ。
フェリーまでの1時間は周辺の写真撮影を行いました。
偶然にも、花柄ランタンの「まなつのまじっく」という曲のMVが伊良湖で撮影されていて、
このルートを取ったのも乗り鉄もですが、聖地巡礼が主目的だったりします。
満足の撮影を終えたあとは伊勢湾フェリーです。330円の追加料金を払って特別室へ。
まあ、あまり普通室と変わりないですけどね(笑)。
湾を渡るだけなのでさほど揺れることもなく、1時間弱で鳥羽へ渡りました。
ここからはライヴ会場の京都へ向かうだけですが、少し時間があまっていることもあり、
鶴橋まで近鉄特急に乗ったあと、京橋に出て京阪特急のプレミアムシートを使いました。
京橋駅のフランクフルトもおやつにしっかりいただいています(笑)。
夜は烏丸御池近くのライヴハウスでたっぷり花柄ランタンを楽しみました。
この日は日曜だったのでいつもの花園へは行かず、おとなしく宿に戻っています。

■行程:2019/02/04
京都908(こだま642)1247東京

帰りはシンプルオブシンプル。聖地巡礼でも盛り込めばいいのかもしれませんが、
実はこの前週にも新年会で京都に来ていたので(笑)、まっすぐ帰ることとしました。
よほど急がない限りは、東海道新幹線はIC早特でこだまグリーン車が定番です。

京都にはここ10年くらいで主に聖地巡礼の用件で行くことが激増しました。
特に最近6年は花園に行きつけの飲み屋さんができたこともあり、引き続き行く機会が多いです。
偶然ではありますが、京都に行って店探しをしないで美味いものを食べ飲みできるなんて、
こんなにラクでうれしいことはないのです。
第11回目黒企画 〜満を持しての紀伊半島 2019新春
年に一度、同僚の行きたいところに出かける恒例の乗り鉄企画。
2018年度も日程を確保して開催することができました。
行先は毎回候補に上がっていながらずっと先送りになっていた紀伊半島です。
距離を稼ぐことが多いこの企画ですが、この時は珍しく?コンパクトに収めています。

■行程:2019/01/11
東京1126(こだま651)1415名古屋1450(近鉄特急)1517近鉄四日市
あすなろう四日市1600(内部線)1617内部1635(内部線)1643南日永…西日野
西日野1730(八王子線)1739あすなろう四日市

出発は3人、こだまのグリーン車で。
初日は南紀を明るい時間に回りたいという希望もあって、四日市宿泊という短距離移動です。
四日市への移動は近鉄特急、ビスタカーの階下席を取っています。
時間があったので四日市に着いてからはあすなろう鉄道。ここで1名合流し4名になりました。
ゆっくり乗りつぶしたあとはトンテキで腹ごしらえしてから飲み屋へ。
2軒目にガンダムバーという変わり種に行くという変化球も(笑)。

■行程:2019/01/12
JR四日市837(南紀1)1156紀伊勝浦〜レンタカー〜紀伊勝浦1554(紀勢線)1601太地

時間こそかかっていますが、行程はとてもシンプル。
四日市から南紀のグリーン車に乗り、ゆったりと紀伊勝浦へ移動しました。
紀伊勝浦まで来るのは99年夏に今はなき165系の新宮夜行で通って以来です。
今回はレンタカーを借りて観光を入れています。レール&レンタカーきっぷなので、
どこかで必ずレンタカーは必要になりますし、南紀で泊まりたいという希望もあったので、
まあちょうどいい場所かなと思います。那智の滝は生で見たかったんですよ。
宿泊は太地です。同僚の希望もあってクジラのフルコースをいただきました。

■行程:2019/01/13
太地900(くろしお16)1250新大阪1320(のぞみ128)1410名古屋1433(名鉄特急)1526豊橋
豊橋1541(東海道線)1550新所原1620(天浜線)1730二俣本町

乗車前、万札を崩すため+記念に券売機できっぷを買おうとしたら、
つり札詰まりが起きて所持金が大幅に減るという事件がありまして(笑)。
結局これは後日返金してもらいましたが、無人駅での券売機利用には気を付けたいですね…。
ということで、オーシャンアロー車の特急くろしおで快適に新大阪へ。
ここで1名離脱、3名になって東へ向かいます。
名古屋から豊橋までは気分を変えて名鉄特急。タイミングが合ったので展望席を楽しみました。
最後は天浜線。1両ガラガラのマッタリ列車は最高でしたね。
この日は同僚の希望で二俣に宿泊。商人宿のようなところで美味しい夕食をいただいてから、
市中の飲み屋で軽く飲みました。飲み終わったところで1名離脱。最終日は2名で移動します。

■行程:2019/01/14
天竜二俣909(天浜線)913西鹿島947(遠鉄バス)1123水窪1135(伊那路1)1224天竜峡
天竜峡1233(飯田線)1553岡谷1625(中央線)1657松本1723(リゾートビュー)1828長野
長野1908(あさま630)2026大宮

知識として持っていた西鹿島から水窪へ抜ける旧国鉄バス路線ですが、
実乗できる日がやってくるとは思いませんでした。うれしい限りです。
遠鉄バス北遠本線、スタートは未成線に沿ったあと、その後は山間部の細い道を進みます。
旧バス駅もあったりして実に面白く、最高の1時間半でしたね。
少しバスが遅れていて、途中のバス駅で売っていたお弁当が買えなかったのが心残りです。
ここからは帰り道ですが、たっぷり飯田線を満喫してから、中央線では帰らずに(笑)、
タイミングよく乗れたリゾートビューに乗って長野から帰っています。
最後がE7系グリーン車というのもなかなかうまく組めたかなと思います。

こんな感じで毎年マニアックな乗り鉄をやっております。
このうち、遠鉄バス北遠本線については現在遠鉄が撤退してしまっていますので、
乗車の際には時刻の確認が必要となるのでご注意くださいませ。

この楽しい乗り鉄企画が…2019年度は流れたんじゃ…。
踏切を攻める 2018晩夏
乗り鉄成分がある(ここに記録を残す)ものは4月以来となっていますが、
2018年は月イチで長野山梨方面へ同人サークル活動で出かけていました。
こちらも乗り鉄成分があるものの、同人サークル活動を兼ねています。

■行程:2018/09/01
東京1400(のぞみ231)1617京都

ここ数年よく聴いている花柄ランタンが四条大橋で路上ライヴをやるというので、
まずはそのために京都へ。京都駅近くの宿に荷物を置いて、七条から京阪で四条へ移動して、
18時頃から四条大橋の下で贅沢路上ライヴ!
ライヴのあとは花園へ移動して、行きつけとなっている飲み屋で終車まで飲みました。

■行程:2018/09/02
京都740(特急)810西大寺811(快急)820生駒857(準急)909西大寺945(ISL)1202賢島
賢島1215(普通)1306五十鈴川1310(ISL)1407四日市1410(急行)1422桑名…西桑名
西桑名1435(北勢線)1440西別所1510(北勢線)1513蓮花寺1517(北勢線)1526西桑名…桑名
桑名1543(急行)1555四日市1606(普通)1634湯の山温泉1638(普通)1705四日市

この日は終始サークル活動に勤しむことになりますが、
フリーきっぷを活用して近鉄の乗りつぶしも行っています。
サークル活動の目的は踏切。生駒に寄っているのはケーブルカーの踏切を撮るためです。
あとは賢島まで近鉄を乗りつぶして、北勢線に寄り道をして、最後は湯の山線を乗りつぶし。
宿泊は四日市。前日たくさん飲んでいることもあり、おとなしく宿で過ごしています。

■行程:2018/09/03
四日市657(急行)702富田717(三岐)729山城827(三岐)900西藤原909(三岐)919伊勢治田
伊勢治田…阿下喜941(北勢線)1027西桑名…桑名1041(急行)1104名古屋
名古屋1129(こだま648)1246静岡1255(東海道線)1338吉原1359(岳南)1414岳南富士岡
岳南富士岡1437(岳南)1443岳南江尾1459(岳南)1521吉原1531(東海道線)1609熱海
熱海1621(上野東京ライン)1841大宮

最終日は三岐鉄道から。三岐鉄道は元西武車の楽園ということもあって昔から好きなんですが、
ここには電鈴式踏切も残っており、山城に寄っているのでそのためです。
その後は久々に伊勢治田から阿下喜までの徒歩移動をこなしてから帰り道。
時間が早いこともあったので岳南鉄道に寄って、トドメの電鈴式踏切。
最後はいつものように上野東京ラインのグリーン車でした。

書いている分にはあっさりしていますが、動いている量もそれなりにある上に、
暑かったこともあってけっこうな体力を使っています(笑)。
また、近鉄では特急をうまく活用してそれなりにエンジョイしました。
JRの乗りつぶしが終わってからはこういう細かいところを攻める感じになっていますが、
これは乗りつぶしにとらわれていたらなかなかできないことなので、
引き続きこういう方向性でいければと思います。
北東北の山を越えて仙台野球観戦(未遂) 2018春
仕事の立場が変わって最初の旅は東北です。
2018年4月に今までとまったく違う環境になってしまったことで、
ストレス解消を目的に出かけることがだんだん増えていくのです。

■行程:2018/04/22-23
東京駅2150(ドリーム横浜秋田)635秋田811(こまち12)855角館950(内陸線)1122阿仁合
阿仁合1214(内陸線急行)1302鷹ノ巣1313(奥羽線)1330大館1336(花輪線)1627盛岡
盛岡1655(東北線)1830一ノ関

出発は夜行バスから。秋田駅に行くバスは初めてでしたが、起きたら秋田に着いていました。
主たる目的は内陸線ですね。2014年に乗っているのですが、好きなんですよねえ。
1両の列車でも内陸線はガラガラ。マッタリと外を眺めていました。
阿仁合で一度降りて、駅にあるレストランで馬肉シチューの昼食をいただきました。
落としたあとの列車は急行ですが、普通車1両の寂しい編成。
それでもガラガラでしたが、車内販売があったのでビールを買ってささやかに支援。
そのあとに乗るのは花輪線で、こちらも長時間乗れる好きな路線です。
盛岡周辺以外はよく空いていて、ゆったりと昼寝しながら過ごしました。
宿泊は一ノ関。思ったより盛岡から遠いし、なかなか空かなかったのが意外でした。

■行程:2018/04/24
一ノ関800(東北線)848小牛田927(石巻線)1004石巻1024(仙石線)1152仙台
仙台1244(やまびこ140)1422大宮

2日目の目的は平日デーゲームを狙って仙台で野球観戦だったのですが、
朝から雨。そりゃもう、雨。
とりあえず予定通りに出発、小牛田で石巻線に乗り換えて石巻から仙石線に乗り換えて、
そこから球場の予定だったのですが、石巻のあたりで早くも中止が発表されました。
2013年10月以来となる仙台での野球観戦だったのですが、流れてしまいました。。
予約していた新幹線は夜だったのですが、さすがにそこまで過ごす用事もありません。
仙石線車内から新幹線の予約を変更して、仙台に着いてすぐ帰り道となりました。


とにかく、野球が中止になったことがすべてですかね(笑)。
いろいろ代替を考えたんですが、やる気がなくなったこともあって、
すぐに帰ることに。意外とこのエリアも乗り尽くしてきていますしね。
雪を見たり撮影をしにいったり 2018新春
2018年一発目は同人サークルの撮影が主目的ですが、
それだけではもったいないと思って「雪を眺める」をテーマに少し乗り鉄しました。

■行程:2018/01/15
大宮610(高崎線)729高崎745(上越線)851水上947(上越線)1124越後川口
越後川口1310(飯山線)1501戸狩1533(飯山線)1634長野1700(しなの22)1750松本
松本1812(篠ノ井線)1828塩尻

高崎線を高崎まで乗るときはほぼ毎回グリーン車に乗りますねえ。
意外と混んでいたりするもので…。
沼田を出た頃から雪が見え始めましたが、そこまでたっぷりではなかったかな。
水上で乗り換える上越線は1時間前で既に乗車できる状態になっていて、
車内で待っていられます。まあ、早く乗り換える必要があるほど混みませんが(笑)。
何度も乗っているところなので物珍しい感じはありませんが、
それにしても全体的に空いていたなあという感想です。
最後は疲れて、長野から松本まで特急にのってしまっています(笑)。
宿泊は塩尻で。駅弁稼ぎのために外に出ることもなくダラダラしていました。

■行程:2018/01/16
塩尻809(Sあずさ6)844小淵沢858(中央線)937甲府1001(身延線)1047市川大門
市川大門1105(ふじかわ6)1151内船1254(身延線)1352富士1402(東海道線)1443熱海
熱海1450(上野東京ライン)1710大宮

元々の用事はこちら。小淵沢まで特急なのはE351系の乗り納めが目的ですね。
小淵沢は時間が早すぎたせいか駅弁を探すも天むすしかなく購入を見送り。
普通列車で移動した甲府で無事に昼食を購入して、いざ目的の身延線へ。
2018年はここをスタートに6月まで毎月のように身延周辺に行くことになりますが、
この時は情報の出ていた内船へ。特急ふじかわは373系トップナンバーでした。
天気もよく晴れており、周辺の撮影も気持ちよくできました。
身延線の甲府〜西富士宮間に乗るのは1996年9月ぶりくらいのはずで、
その頃は115系だったなあと懐かしく思いながら、空いている313系に揺られました。
帰りは熱海から上野東京ラインで一直線。もう例外なくグリーン車です(笑)。


2日間で行くにはちょうどいい移動距離でしたかね。
また、乗り鉄目的としては、これが仕事の立場が変わる前最後の記録です。
立場が変わったあとは…むしろ頻度が増えるんですけども(笑)。
第10回目黒企画 〜大波乱の四国九州食だおれ 2017冬
大変に久々の更新となってしまいました。
2年前に本業で立場が変わってから、更新する体力も気力もなかなかなく……。
というところで、外出が制限される状況になりました。
私は自宅勤務になりませんが、休みに出られないのでようやく時間が取れました。

実は同人サークルの活動でレンタルサーバを運用するようになっていまして、
駅弁についてはそちらでブログを作成しております。
そちらの更新が進んできたので、やっっっと旅記録も更新します(笑)。
また、なにぶん昔の記録なので、当面は行程のみの掲載としますがご了承ください。

毎年恒例な職場メンバーでの乗り鉄、記念すべき10回目の記録から再開です。
2017年の記録なんですけどね……。

■行程:2017/12/07-08
東京2200(サンライズ瀬戸)709坂出715(予讃線)722丸亀〜レンタカーでうどん巡り〜丸亀
丸亀1418(しおかぜ13)1616松山1632(宇和海21)1718八幡浜

出発はサンライズ、ツイン1室とシングル2室が取れたのでツインで宴会です。
グランスタでたっぷり酒を買い込んで楽しい宴会です。寝たのは名古屋の手前くらい(笑)。
坂出で乗り換えて、丸亀からはレンタカーでうどん巡りと自販機へ。
坂出山下〜コインスナック御所24〜谷川米穀店〜まえば〜なかむらと回ってお腹いっぱい。
そのあとはビールを買ってしおかぜのグリーン車で松山へ。
松山で1名が離脱したのち、残った3人はさらに進んで八幡浜、ここで宿泊です。
市中の飲み屋で美味い魚を食べてから、シメは八幡浜ちゃんぽんとさつま汁。
さつま汁は宮脇俊三さんの紀行文で読んでからずっと気になっていて、念願でした。

■行程:2017/12/09
八幡浜550(宇和島運輸フェリー)815臼杵1010(列車代行バス)1110佐伯
佐伯1211(臨時快速)1308延岡1309(にちりん9)1412宮崎1416(きりしま13)1504都城
都城1609(吉都線)1742京町温泉

2日目は超早起き。
そもそも、当初の予定は八幡浜ではなく宿毛泊で佐伯までフェリーに乗る予定だったのですが、
ドック入りが全便運休となってしまい、急遽予定を変更したのでした。
ということで5時に起きて港まで歩き、空いているフェリーで九州へ。
天候も穏やかで、それほど揺れなかったのは幸いでしたね。
臼杵に着いてからは運よく近くの市場で絶品海鮮丼の朝食を取ることができました。
臼杵からは南下するのですが、災害運休している区間があって最初は代行バスです。
佐伯からも特急が運休している影響でキハ220系1両の快速というイレギュラー移動。
まあ、これはこれでなかなか珍しいことなのでいいっちゃいいんですが、
昼食ポイントが見つからず、佐伯のスーパーで買ったものを延岡からの特急で食べました。
地鶏のタタキとか、なんとなく地元っぽいものは食べられております。
あとは宿へ向かうばかり。いつも少しずれたところに泊まることが多いのですが、
今回は京町温泉となりました。ここで別の1名が合流して4名で宿泊です。
温泉に漬かりながらたっぷり焼酎を飲みましたね(笑)。

□行程:2017/12/10 当初の予定
京町温泉805(吉都線)813吉松827(肥薩線)925人吉930(やませみかわせみ2)1033新八代
新八代1056(さくら550)1149博多1210(のぞみ28)1245新山口1253(Sおき4)1708米子
米子〜レンタカー〜境港

■行程:2017/12/10 実際の行程
京町温泉805(吉都線)813吉松925(肥薩線)1028隼人1039(日豊線)1115鹿児島中央
鹿児島中央1148(さくら554)1502岡山1604(やくも19)1821米子〜レンタカー〜境港

スタートしてすぐ、吉松からいきなりトラブルという波乱の展開。
肥薩線の列車が空転でまともに進めず、折り返しとなる列車が吉松に着きません。
我々は吉松からの人吉行きに乗らねばすべての行程が倒れる予定だったので、
ひとまず駅員さんに相談。九州内はいくらでも振り替えられるけど、
西日本エリアに入ると厳しいかも…とのことでしたが、全力で対応してくれまして、
結果的に鹿児島中央〜岡山〜米子というルートで指定席含め振り替えとなりました。
「指定券は鹿児島中央で申し出ればわかるようにしておく」とのことでしたが、
鹿児島中央では申し出たら、本当にすべての指定券が用意されていました。
吉松駅の対応、JR九州の対応には感謝しかありません。ありがとうございました。
本来なら観光列車で予約した弁当を楽しみ、山陰特急で日本海を眺める予定で、
それがなくなったのは残念でしたが、この対応で気分がだいぶ落ち着きましたね。
境港に着いたのは予定より1時間遅れの19時頃。
夜は2013年にも行った飲み屋兼宿で松葉ガニフルコース!
シーズンの活松葉ガニを食べるともう他の蟹は食べられなくなりますね(笑)。

■行程:2017/12/11
境港〜レンタカー〜米子839(山陰線快速)1025鳥取1046(Sはくと6)1223姫路
姫路1602(ひかり476)1901熱海1909(上野東京ライン)2131大宮

最終日、米子で1名が離脱して再び3名となっての帰り道です。
山陰線に揺られたあとはスーパーはくとで姫路まですっ飛ばし。
姫路では手柄山に行ってモノレールを見学し、戻りは歩いて廃線跡巡り。
帰りは姫路からひかりに乗りましたが、名古屋手前で詰まって10分ほど遅れて、
熱海での乗り換えにヤキモキするという最後まで波乱の展開。
東海道新幹線の回復力はすさまじく、結局熱海には定時に着いて乗り換え完了。
最後は上野東京ラインのグリーン車で乾杯して帰ったのでした。
#ちなみに新幹線が遅れた原因は重大インシデントの車軸折損でした。


こんな2017年の乗り鉄企画でした。
出発前はフェリー欠航で宿毛から八幡浜に宿泊場所が変更になったり、
臨時快速のダイヤが直前に変更になって京町温泉着が早められたりの波乱、
出発後は空転の影響で矢岳越えができず大幅変更の波乱と、
とにかく波乱だらけでした。まあ、それはそれで楽しかったんですけどね(笑)。
なお、吉松駅の対応はあまりに良すぎて、後日菓子折りを贈らせていただきました。

なんとか年に一度行けているこの恒例企画ですが、2018年度は開催できたものの、
2019年度は直前で休みが取れずに開催中止に。。
開催できた2018年度は追ってこちらに上げる予定です。
 1/56PAGES >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"